ホーム > 商品情報 > デジタル複合機のセキュリティー対策 > 複合機本体からの情報漏えい抑止

複合機本体からの情報漏えい抑止

ハードディスク蓄積データの消去注1

複合機本体からの情報漏えい対策として、ハードディスクに蓄積されるデータの「上書き消去」、「一括消去」機能を提供。コピー、ファクス、スキャン、プリントといったジョブ内容の漏えいを抑止し、本体搬出時にもハードディスクに残っているデータが第三者によって解析されるのを防ぎます。

ハードディスク蓄積データの暗号化注1

記憶装置へのデータ書き込み時に暗号化することにより、保存データへの不正なアクセスなどを防ぎます。これらの各種機能をセキュリティーレベルに応じて活用することで、複合機本体からの情報漏えい抑止効果を高めます。

複合機内のデータを一括削除

複合機を廃棄したり、他の部門などに移動するなどの場合に、複合機に登録・設定されているデータを全て削除できます。

ジョブ情報の表示制限

認証していないユーザーが、実行中ジョブ、実行待ちジョブ、終了ジョブなどの情報を、見られなくするなど、表示する情報を制限できます。

また認証しているユーザーも、自分のジョブのみ表示し、他人のジョブを見られなくするなど、表示する情報を制限できます。プライバシーを保護し、情報漏えいを抑止します。

ISO/IEC 15408 認証

CCRA認証マーク

本(CCRA)認証マーク注1は、本商品の評価が「ITセキュリティ評価および認証制度」の定めに従って実施されたこと、および本商品に対する評価結果が検証されたことを示します。