ホーム > 商品情報 > デジタル複合機のセキュリティー対策 > スキャン文書からの情報漏えい抑止

スキャン文書からの情報漏えい抑止

スキャン文書のパスワード暗号化

スキャン文書をPCに保存したり、メールで送信したりする際、複合機本体でDocuWorks文書やPDFに変換できるほか、パスワードによる「ファイル暗号化」を設定できます。ファイルを開くためのパスワード設定はもちろん、印刷や編集の制限などアプリケーションソフトのセキュリティー機能にも対応。スキャン文書からの情報漏えいや改ざんのリスクを軽減します。

スキャン文書のパスワード暗号化

スキャン文書の署名・PKI暗号化

富士ゼロックスプロダクト認証局が「デバイス証明書 for Apeos」を発行。証明書を複合機にインポートすることで、スキャン文書をDocuWorks文書やPDF、XPS注1文書にして送信する際、署名が可能になります。電子署名ができることで、第3者による改ざんを発見または未然に抑止できます。また、DocuWorks文書であればPKI注2暗号化もできるので、パスワード暗号化よりもセキュリティーを高め、特定の人のみが開ける文書を生成することが可能です。

配信先/格納先を固定

本体からスキャン文書をメール送信する際は、自動的に認証ユーザー自身のメールアドレスを宛先や送信者として固定注1。誤送信防止や、外部への送信の抑止などに効果的に利用できます。

また、文書保存先をPC上の任意のフォルダーに固定注2することができます。さらに、本体にスキャン文書をいったん格納して、格納先のURLを添付したメールを認証ユーザーに送信することも可能。格納スキャン文書は、添付されたURLをクリックするだけで簡単にダウンロード。認証ユーザー自身への確実な配信だけでなく、ネットワークやメールサーバーの負荷軽減に役立ちます。