ホーム > 商品情報 > スキャナー > DocuScan C4260/C3210(ドキュスキャン シー4260/シー3210) > 特長

DocuScan C4260/C3210 特長

Scan

ネットワークを介して手軽に高速スキャン。

プッシュ型スキャンに対応した高速ネットワークスキャナーです

DocuScan C4260/C3210は、ネットワーク上のパソコンやサーバーなどに、スキャンデータを直接送信することができます。スキャナー本体にデータを残さず、情報漏えいの防止にも役立ちます。

プッシュ型スキャンに対応した高速ネットワークスキャナー

宛先ごとにスキャンパラメーターの定型設定が可能です

宛先ごとに出力ファイル形式(Adobe® PDF、DocuWorks、JPEGなど)やカラーモード、読み取り解像度などのスキャンパラメーターを事前に登録することが可能です。使用頻度の高い定型業務では、スキャンパラメーターを毎回設定することなしに、簡単に同一設定のスキャンが行えます。

スキャンパラメーターの定型設定機能

メールアドレスのグループ登録が可能です

個々のメールアドレスをグループ登録し、まとめてメール送信する機能を追加。1グループに最大27件まで登録でき、簡単な操作でグループを選択して一括送信ができます。

ページを分割して保存することができます

PDF形式とDocuWorks形式を1ページ1ファイルとして保存可能です。

パソコンから保存先の設定を手軽に行えます

スキャナーユーティリティ「DocuScanマネージャー」を活用すれば、クライアントパソコンからE-mailアドレスやSMB/FTPサーバーアドレスなどの宛先データおよびスキャンパラメーターの定型設定を簡単にスキャナーに登録できます。あらかじめ登録しておくことにより、スキャナーの前での煩雑な操作を軽減することができます。さらに、スキャナーに登録された宛先データやシステムデータをネットワークを経由してパソコンに保存することもできます。

E-mail送信機能を活用すれば遠隔地へもデータ送信できます

スキャンしたデータをE-mailで送信することも可能です。ファイアウォールなどを気にすることなく、他事業所などへもインターネット経由で容易に情報配信できます。

E-mail送信機能

  • 注記メール送信ができる環境が必要です。

自動両面原稿送り装置により大量処理もスピーディーです

自動両面原稿送り装置を標準で装備し、異なるサイズの原稿を一度に読み取るミックスサイズスキャン機能注1 にも対応しました。これにより大量文書はもちろんのこと、さまざまなサイズの原稿が混在する文書を読み取る時間と手間を軽減することができます。

自動両面原稿送り装置

  • 注1DocuScan C4260のみ対応。DocuScan C3210は対応していません。

カラーのディスプレイ上でスキャン結果をすぐ確認できます

4.7型のタッチパネル式グラフィックディスプレイを搭載。保存先のパソコンなどに送る前に、スキャンしたデータを一枚ずつプレビューしながら確認することができます。また、プレビュー中にデータの向きを回転させる機能注1 を搭載。パソコンを使わずに完成度の高い電子文書を作成できます。

カラーのディスプレイ上でスキャン結果をすぐ確認できます

  • 注1出力ファイル形式がAdobe® PDFまたはDocuWorks形式の場合のみ対応。

スキャンデータを直接USBメモリーに保存できます

DocuScan C4260/C3210本体の前面に、USB2.0のコネクターを搭載しました。市販のUSBフラッシュメモリー注1 を接続し、スキャンしたデータを直接格納することができます。また、USBフラッシュメモリー内に予め任意のフォルダーを作成しておけば、スキャナー側でそのフォルダーを指定してデータを保存することもできます。

スキャンデータを直接USBメモリーに保存できます

  • 注記セキュリティー機能や書き込み禁止機能付きのUSBフラッシュメモリーの場合、セキュリティー機能や書き込み禁止機能を有効にしていると保存できません。また、本機能の使用を禁止することも可能です。
  • 注1全てのUSBフラッシュメモリーの動作を保証するものではありません。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

他社の商標について

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ