ホーム > 商品情報 > ソフトウェア / クラウドサービス(エンタープライズ・リスク・マネジメント支援) > Apeos PEMaster > 特長

Apeos PEMaster® 特長

Apeos PEMaster Manual Weaver 2.4

【作成・公開】業務手続きを記述した「規程/業務マニュアル」文書の作成から公開までの一連の業務を支援。

規程・マニュアルの作成・公開を、誰もがスムーズに

規程やマニュアルなどの定型文書について作成から活用までトータルにサポート。持続可能な企業活動を推進します。

一般に、業務要領や手続き、手順などを説明する「規程やマニュアル」は、ページ数が多いうえ、法改正のたびに更新する必要があり、作成・管理に膨大な工数がかかります。

また、説明責任や立ち入り監査などに対して迅速な対応が求められるものの、必要な情報にすぐ辿り着けるようまとめるのは困難でした。

Apeos PEMaster Manual Weaverは、規程やマニュアルをはじめ、文書の定型化や標準化を促し、作成・改訂、承認・管理・公開、閲覧・活用まで、一気通貫で実現します。

作成・改訂

XMLの特長を活かしたシステム

Apeos PEMaster Manual Weaverは、文書をXML形式の構造化ドキュメントとして扱えるようにするソフトウェアです。コンテンツを部品(編、章、節などの階層要素や、注意書き、画像、表、箇条書きなどの文書要素)として認識し、部品単位での管理・活用を可能にします。

Apeos PEMaster Manual Weaver文書Apeos PEMaster Manual Weaver文書

部品の共有やテンプレート化が可能

階層要素や文書要素などを「共有部品」として登録でき、複数箇所から流用可能。登録した元部品を修正すれば参照先も自動で修正され、修正漏れを抑止できます。また、部品はテンプレートとして登録することも可能です。テンプレートはボタン操作で簡単に挿入できます。

種類の異なるマニュアルの共有部品箇所を自動修正

文書の共同編集や再活用を促進

文書を編や章といった部品単位で扱えることから、1つの文書を複数の部署や作業者で担当を振り分け、同時に編集することも可能です。検索や修正も部品ごとに行え、度重なる改訂にもスムーズに対応できます。

同時にブロックごとに分業作業

Word文書からXML文書への変換がスムーズ

Microsoft® Wordで仕上げた規程やマニュアルから、テキスト、表、画像などの構成要素を取り出し、XML文書にスムーズに変換できます。

Word文書から貼り付けたデータに対して、段落ごとに「箇条書き」「見出し」「囲み枠」といった構造を後から付与。過去の資産を活かしながら、構造化文書ならではの「部品単位での管理や活用」を可能にします。

Wordなどの文書アプリは… Apeos PEMaster Manual Weaverなら…
情報の所在が分散しがち 最新の承認済データを一元的に集約し公開
必要な情報をすぐ探せない 部品単位でのリンク参照が冊子横断で可能
二次利用、活用に制約がある Web公開、PDF印刷のほか活用が多彩
編集に多大な工数がかかる スタイルや項番をシステムが自動付与
レイアウトの統一がはかれない 本文の全スタイルを自動的に統一
語句の修正にも手間がかかる 特定語句は冊子横断で一括置換
操作履歴が残らない 各ユーザーの編集履歴の記録も可能

承認・管理・公開

改訂管理も部品単位で一元化

章、節などの部品単位でデータおよび改訂情報を一元化できるほか、さまざまな管理機能を提供します。

  1. 編集排他制御
  2. 改訂・承認アクセス権設定
  3. 承認設定・管理
  4. 非公開・公開の設定
  5. 履歴・過去バージョン管理
  6. リリース版の管理
  7. バージョン間差分比較~表示
  8. 編、章、節、などの階層単位の追加

承認依頼をメール通知

依頼者から承認者へ承認依頼のメールを通知できる機能を用意しました。メールには該当編集単位へ直接アクセスできるURLを付けることもできます。

承認依頼をメール通知

新旧の差分表示が可能

新版と旧版における違いなど、比較したいバージョンを複数選択して、変更点を確認できます。比較した内容はダウンロードしてWordで確認することも可能です。

差分表示させたい(バージョン同士を選択)。本文イメージでの内容差分表示が可能。

スピーディーに公開

前回変換したコンテンツと今回修正したコンテンツの差異を抽出し、その部分だけHTMLやPDFに変換する「差分変換機能」を搭載。すべてのデータを対象にWeb変換するよりも処理にかかる時間を短縮でき、スピーディーな公開を促します。

差分変換機能を搭載し、スピーディーに公開

公開・活用

必要な情報にすばやくアクセス

各種見出しが自動生成されるほか、業務フローに沿ったナビゲーションや、アドレス帳のような「五十音順索引」など多彩な検索機能を使うことによって、利用者は必要な情報にすばやくアクセスできます。

  1. 各種規程・マニュアルなどトップページからの一元アクセス
  2. 全冊子の見出し単位へのアクセス
  3. 全冊子の見出し一覧・索引からのアクセス(目次一覧・五十音索引・図目次など)
  4. 本文内から他箇所へのリンク即時参照
  5. 節、条など細かな部品単位での検索、全冊子横断、冊子・編などの検索範囲の絞り込み

必要な情報にすばやくアクセス

タイトルのみを対象に検索

本文ではなく、タイトルの文字列のみを対象とした検索が可能。検索結果のノイズを減らすことができます。

検索の設定検索の設定

辞書登録機能で検索性がさらに向上

表記ゆれや日英表現、同義語など、特定の語句に対しあらかじめ複数のキーワードを辞書に登録しておくことで、検索漏れを防ぐことができます。

検索結果検索結果

[ 登録例 ]

  • 表記ゆれ
    (送り仮名)「振込」「振り込み」
    (カタカナ表記)「マネーロンダリング」「マネーローンダリング」
  • 日英表現
    「カード」「card」「CARD」「Card」
  • 同義語
    「投信」「投資信託」

モバイル端末での活用が可能

Apeos PEMaster Manual Weaverは、タブレット端末などからの閲覧や検索が可能です。時間や場所にとらわれない「働き方改革」の推進に貢献します。

目次の表示をフロー型に変更可能

手順説明など任意の箇所の見出し目次を「フロー型」のレイアウトに変更できます。改訂者が属性設定するだけで、表示レイアウトが自動的に切り替わります。

目次の表示をフロー型に変更可能

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ