ホーム > 商品情報 > ソフトウェア(ドキュメントの有効活用) > DocuWorks 8(ドキュワークス 8) > 特長

DocuWorks 8 特長

デスクで 1

紙と電子を一元管理できる、DocuWorksの基本機能。

パソコン上の机で紙の文書と同じように表示・編集

DocuWorksは、机の上に並んだ紙を扱うような感覚で文書管理を可能にするソフトです。パソコン上に再現した電子の机(DocuWorks Desk)と、その上に並べた文書を閲覧・編集するツール(DocuWorks Viewer)で構成されています。

パソコン上に再現した "電子の机"

DocuWorks Deskは、机の上に文書が置かれているかのように、DocuWorks文書を並べて表示します。束ねる、ばらすなど、ファイル単位での編集が可能です。

パソコン上に再現した電子の机、DocuWorks Desk

DocuWorks文書を閲覧・編集

DocuWorks Viewerは、文書を手にとって見るかのように、DocuWorks文書を閲覧できます。アノテーション機能や追加、削除など、ページ単位での編集が可能です。

DocuWorks文書を閲覧・編集できるDocuWorks Viewer

定型業務がスムーズに。検索がさらに容易に。

お仕事バー(便利な機能) -DocuWorks Deskの機能-

お客様の業務に合わせてツールバーをカスタマイズ。ワークスペースの下「お仕事バー」として配置できます。よく使う機能などを、より直感的に操作できるようになります。

お仕事バー(便利な機能)

フォルダーツリーの色や並びも自由 -DocuWorks Deskの機能-

フォルダーツリーに表示したフォルダーの色や並びを任意に変更することができます。視認性が高まり、ファイルを仕分けする際のミスも抑えられます。

フォルダーツリーの色や並びも自由

使いたい文書がすぐ見つかる -DocuWorks Deskの機能-

  • 検索機能を強化
    DocuWorks Deskのトップから、すぐにインデックスサーチを実行できます注1 。検索結果からファイルの種類などで絞り込みも可能。さらに「検索してマークプラグイン」を使えば、検索した文字列にマーカーを引き、ページに付箋を貼りつけられます。
  • 属性の付与・表示するファイルの絞込み
    DocuWorksファイルには、取引先名、納品日などの情報を属性として付与することができます。属性ビューを使用すれば、これらの属性が付与されたDocuWorksファイルを、大量のファイルから絞り込んでワークスペースに表示することができます。
  • 注1「Windows® Search 4.0以降」が必要。

表示がさらに見やすく

個別の文書のまま一つのファイルに -DocuWorks Viewerの機能-

DocuWorksバインダーを活用すれば、複数のDocuWorks文書を個別の文書のまま、一つのファイルにまとめて保管できます。保管された文書は、並べ替えやページの入れ替え、移動なども容易に行えます。

個別の文書のまま一つのファイルに

連続や見開きでのページ表示が可能 -DocuWorks Viewerの機能-

Microsoft® Wordなどで使い慣れている連続や見開きでの表示が可能になりました。複数ページを横断的に確認したい場合などに便利です。

文書ファイルを分割表示 -DocuWorks Viewerの機能-

同一ファイル内にある別ページを、上下または左右に分割して表示できます。「一覧-文書表示」に切り替えると、一覧と文書を同時に表示可能。編集する時など、ページ全体の構成を見ながら行えます。

文書ファイルを分割表示

見やすい一覧表示 -DocuWorks Viewerの機能-

全ページを10~33%の表示倍率で一覧表示できます。サイズの異なるページの並び順を変えることも可能です。

紙を扱うように便利な加工が可能 -DocuWorks Viewerの機能-

付箋やマーカー、スタンプなど、紙の文書と同様の加工を電子文書上に施せます。「雲」など、強調表示に便利なアノテーションも備えています。

大判図面の操作も快適 -DocuWorks Viewerの機能-

DocuWorks Viewerで開いた文書の表示は、サムネール上で表示したい部分を赤枠で囲むことで簡単に切り替えられます。大判図面など、スクロールが面倒な文書も効率的に扱うことができます。

大判図面の操作も快適

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

他社の商標について

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ