ホーム > 商品情報 > ソフトウェア(ドキュメントの有効活用) > DocuWorks 8(ドキュワークス 8) > 特長

DocuWorks 8 特長

社内で(文書管理)

セキュアにスムーズに、情報管理を推進。

充実のセキュリティー機能と簡単OCR操作で情報管理も万全に

きめの細かいセキュリティー -DocuWorks Viewerの機能-

56bit、128bit、256bitのパスワードセキュリティー機能を搭載。DocuWorks文書/ バインダー単位、または複数のDocuWorksファイルを一括して設定できます。「編集の禁止」、「印刷の禁止」など操作制限も可能です。

きめの細かいセキュリティ

手軽にテキスト情報を付加 -DocuWorks Viewerの機能-

紙から電子化したDocuWorks 文書は、内蔵OCR機能注1 注2 で文字情報を付加できます。OCR結果は、DocuWorks Viewerのインフォビューに表示して修正したり、Microsoft® Excel®やテキスト形式などのファイルに出力できます。

手軽にテキスト情報を付加

OCR操作がさらに手軽に -DocuWorks Deskの機能-

OCR処理をしてMicrosoft® Excel®に出力したり、RTFファイルに変換する操作は、「便利な機能」ツールバーから簡単に選択できます。深いメニュー階層をたどる必要もなく、よりシンプルかつスムーズに操作できます。

OCR操作がさらに手軽に

  • 注1「活字文書OCRライブラリ v6.0」(メディアドライブ株式会社製)
  • 注2OCRエンジンは、「WinReader PRO v.14.0」(メディアドライブ株式会社製、別売)に切り替えて使用可能。

PDFとの連携もさらに向上

PDFのプレビュー表示で開かなくても内容がわかる

PDFの内容はDocuWorks文書に変換しなくても、DocuWorks Desk上で閲覧できます。

PDFの「束ね」や「ばらし」も可能

DocuWorks Desk内のPDFは、DocuWorks文書と同様に、束ねたり、ばらしたりすることができます。

スムーズに変換 [1] PDFからDocuWorks文書へ注1

PDFをDocuWorks文書にスムーズに変換し、閲覧できます。文字情報も保持することから、社内外で広く活用されるPDFを有効に活用できます。

スムーズに変換 [2] DocuWorks文書からPDFへ

標準搭載のDocuWorks PDF Creatorにより、DocuWorks文書やDocuWorksバインダーのPDF変換も容易に行えます。

  1. PDFにしたいDocuWorks文書またはバインダーをDocuWorks Desk上で選択します。
  2. 「PDFに変換」ボタンをクリックすると、選択された文書が自動的にPDFに変換されます。
  3. PDF化された文書の左下にはPDFアイコンが表示され、一目でDocuWorks文書と区別できます
  • 注1セキュリティー付きPDFなど、「PDFのプレビュー表示」および「PDFからDocuWorks文書への変換」ができないPDFもあります。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

他社の商標について

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ