ホーム > 商品情報 > ソフトウェア(ドキュメントの有効活用) > DocuWorks 8(ドキュワークス 8) > 特長

DocuWorks 8 特長

DocuWorks 文書情報エントリー

電子化した文書の管理・活用に必要な属性(ユーザー定義プロパティまたはカスタムプロパティ)の入力や分類・保管を支援。

DocuWorks 文書情報エントリーとは

紙文書から電子化した文書を管理・活用するためには、検索するための属性を付与し、内容や用途ごとに分類して保管することが求められます。
しかし、電子化する文書の種類(領収書、請求書など)によって決められたルールを守る必要があり、非常に煩雑なものでした。

「DocuWorks 文書情報エントリー」は、これらの作業を支援し、お客様の文書電子化業務を効率化いたします。

DocuWorks 文書情報エントリーとは

主な機能

「DocuWorks 文書情報エントリー」は、DocuWorks Deskのツールバーやお仕事バーに配置したボタンから起動し、以下の機能を提供します。

  • 複数の文書に対してページをめくる感覚で内容の確認をしながら属性入力が可能
  • DocuWorks文書注1 に加え、PDFファイル注1 にも対応
  • マウスで指定した領域の部分OCRにより、属性入力の手間を削減
  • 文書に付与された属性を使った、登録先フォルダーの振り分けや、文書ファイルの名前付けをサポート
  • 注記DocuWorks 文書情報エントリーは、DocuWorksのオプションソフトウェアです。
  • 注1セキュリティーを設定したDocuWorks文書、DocuWorksバインダー、およびPDFファイルには属性が付与できません。

DocuWorks 文書情報エントリーの特長

属性入力、分類・保管作業を一つの画面で実施可能

  • DocuWorks Desk上で選択された複数の文書に対してページをめくる感覚で内容を確認しながら属性の入力を行うことが可能です。
  • 属性を付与した文書ファイルに名前を付け、指定のフォルダーに登録するまでの作業を一つの画面で提供します。

DocuWorks 文書情報エントリー

部分OCRにより属性入力の手間を削減

  • スキャンした文書であれば、マウスで指定した領域の部分OCRが可能です。OCRの結果を属性入力に利用できるため、値を入力する手間が低減されます。

文書種類に応じたルールの設定が可能

  • 管理者は、あらかじめ電子化する文書の種類(領収書、請求書など)をメニューに登録し、これらに設定すべき属性や、登録先のフォルダー、文書ファイルの名前付けルールを決めておきます。
  • ユーザー(利用者)は、文書の種類をメニューから選択するだけで、入力すべき属性が何かを知ることができます。登録先のフォルダーや文書ファイルの名前もルールによって自動で決まるため、作業の手間が省けます。

属性による登録先フォルダーの振り分け

  • 登録先のフォルダーには、文書に付与した属性を組み合わせて指定できます。これにより、例えば取引先の名前を持つフォルダーに、文書ファイルを自動で振り分けできます。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

他社の商標について

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ