ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
メニューを省略する

CentreWare EasyAdmin

複合機一括管理ソフトウェア「CentreWare EasyAdmin」は販売を終了いたしました。
今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願いいたします。
(以下は2006年1月時点の情報です。)

新バージョンの商品情報は「ApeosWare EasyAdmin」をご覧ください。

販売中のソフトウェア商品の一覧はこちらをご覧ください。

機能/仕様

設定一覧
項目 設定項目
基本情報 製品情報 製品情報機器名、設置場所、連絡先、本体メールアドレス、コメント
節電モード移行時間 低電力モード移行時間、スリープモード移行時間
ポート起動 パラレル、LPD、SMB、UPnP、FTPクライアント
プロトコル設定 TCP/IP:アドレス取得方法、IPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレス、
TCP/IP以外:CentreWare Internet Servicesを起動
機器の時刻設定 パソコンの時刻設定、タイムサーバーの設定(PC)
アクセス制限情報 認証/集計情報 認証/集計の運用(なし/本体/ネット/外部)、コピー機能の認証/集計、プリント機能の認証/集計、スキャナー機能の認証/集計、ファクス機能の認証/集計、パスワード*1、ユーザー指定なし印刷
ユーザー情報の追加/編集/削除 ユーザー制限情報の設定項目:カラーコピー出力の禁止、カラープリント出力の禁止、出力上限ページ数の設定(カラーコピー、カラープリント、白黒コピー、白黒プリント)、ユーザー名、カード番号、アカウントID、パスワード*1
受付IPアドレス制限 制限の運用、受付IPアドレスの追加/編集/削除
受信許可ドメイン制限 制限の運用、受信許可ドメインの追加/編集/削除
外部認証サーバー 認証システム(Kerberos(Microsoft® Windows® 2000),Kerberos(SolarisTM))、IPアドレス、サーバー名、ポート番号、レルム名
親展ボックス 親展ボックスの作成/コピー/編集/削除 親展ボックスの設定項目:親展ボックス番号、所有者、パスワード*1、アクセス制限、関連付けられたジョブフロー*2、ジョブフローの自動実行*2、文書取り出し後削除、保存期間指定経過文書自動削除
宛先表 宛先表の作成/コピー/貼り付け/削除 [宛先の設定項目]
共通: 短縮/登録番号、宛先名、検索文字
ファクス: ファクス番号、内線/外線の選択、中継指示局、通信モード(G3自動、国際通信、G4自動)、通信画質[パネル設定、標準、高画質、超高画質(400dpi)、超高画質(600dpi)]、最大蓄積サイズ(A3、B4、A4)、時刻を指定して送信、親展通信、中継同報、Fコード通信、課金情報設定、スーパーG3の禁止、ECMの禁止、JBIGの禁止、モデムスピード
インターネットファクス: 宛先メールアドレス、通信モード、通信画質、最大蓄積サイズ、インターネットファクスプロファイル、時刻を指定して通信
メール: 宛先アドレス、姓、名、補助項目1、補助項目2、補助項目3
サーバー: 転送プロトコル(FTP、SMB)、サーバー名/IPアドレス、共有名、保存場所、ログイン名、パスワード*1、ポート番号
宛先表の読み込み/書き出し CSVファイル形式
ジョブフロー ジョブフローの作成/編集/コピー/貼り付け/削除*3 ジョブフローエディターで使用できる処理アイコン:スキャン、親展ボックス、ファイル転送、メール送信、プリント、ファクス、インターネットファクス、アプリケーション連携(最大10アイコンまで設定可能)
ジョブフローの設定変更 ユーザーID、親展ボックス番号、エラーメール送信
集計データ分析 出力グラフ/表 機器ごとの集計グラフ(カラーモード別)、機器ごとの集計グラフ(機器の機能別)、ユーザーごとの集計グラフ(カラーモード別)、ユーザーごとの集計グラフ(機器の機能別)、時間帯ごとの集計グラフ、出力ジョブ一覧表
表示オプション 集計期間、項目表示、出力ジョブ名による絞り込み
各サービスの機器設定情報は、それぞれxmlファイルとしてインポート/エクスポートすることができます。
一部の項目では設定を反映させるために機器の再起動が必要となります。
機器の搭載機能およびオプションの有無により設定できるサービスや項目が異なります。
*1 パスワード情報は、機器に設定することができますが、機器の設定値を取得することはできません。
*2 コピーおよびxmlファイルをインポートして機器に登録する場合、設定は解除されます。
*3 作成/編集はジョブフローエディターを起動して行います。
ここまで本文

このページのトップへ