ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します

DocuWorksお役立ち情報

データの編集・加工

005. 直線・矢印・図形を書き込む


四角形・楕円

方法:
1 DocuWorksViewerを開いた状態で、アノテーションツールバーの「四角形」もしくは「楕円」ボタンをクリックします。(右図の赤丸部分)

2 カーソルが十字と四角形(楕円の場合は十字と楕円)の絵にかわります。文書上の任意の位置でマウスを クリック&ドラッグします。

3 マウスを放しても選択状態になっていますので、この状態のとき、端の■(右上図の赤丸部分)をクリック&ドラッグすると長さが変えられます。

4 確定する場合は、描いた図形以外の部分をクリックします。

5 輪郭線のありなし・色・太さや、塗りつぶしのありなし・色・透過などを変更したい場合は、図形が選択状態になっていることを確認して、右クリックで「プロパティ」をクリックします。表示される右図の「四角形(楕円)のプロパティ」ダイアログボックスで変更できます。

注意点:
・属性の変更の際、線の「なし」は塗りつぶしを「あり」にしたときのみ指定できます。

直線・矢印・図形を書き込む説明図5
直線・矢印・図形を書き込む説明図6
直線・矢印・図形を書き込む説明図7

多角形

方法:
1 DocuWorks Viewerを開いた状態で、アノテーションツールバーの「多角形」ボタンをクリックします。(右図の赤丸部分)

2 カーソルが十字と多角形にかわり、文書上の任意の位置でマウスをクリックします。以後、描きたい多角形の頂点でマウスをクリックし、最後の点はダブルクリックします。

3 ダブルクリックしても選択状態になっていますので、確定する場合は、多角形以外の部分をクリックします。

4 形を変更したい場合は、■(右上図の赤丸部分)の上にカーソルを合わせると十字に変わります。そのままクリック&ドラッグすると長さが変えられます。

5 輪郭線のありなし・色・太さや、塗りつぶしのありなし・色・透過などを変更したい場合は、図形が選択状態になっていることを確認して、右クリックで「プロパティ」をクリックします。表示される右図の「多角形のプロパティ」ダイアログボックスで変更できます。

注意点:
・属性の変更の際、線の「なし」は塗りつぶしを「あり」にしたときのみ指定できます。

直線・矢印・図形を書き込む説明図8
直線・矢印・図形を書き込む説明図9
直線・矢印・図形を書き込む説明図10

<<前のページ

一覧ページへ戻る



ここまで本文

このページのトップへ