ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

地震対策キットによる出力機器の転倒・落下防止

課題

地震による強い揺れがあった場合、複写機が移動や転倒し、通路を 塞いだり、物品を壊したりあるいはオフィスで働いている方に被害が及ぶ可能性があります。

また、改正消防法により、大地震発生時の被害を想定した被害軽減措置のため、家具・什器類の落下、転倒および移動防止などの消防計画の作成と届け出が義務付けられております。

被害軽減措置をとる必要のある什器については、法令には具体的な物品については示されていませんが、大地震発生時の想定被害の軽減という目的から考えると複写機やプリンターも什器に含まれると考られます。

このページのトップへ

解決の方法

富士ゼロックスでは、落下、転倒、移動を防止する強制的な固定手段を各商品ごとに用意しています。詳細は担当営業、カストマーエンジニアにご相談ください。

アンカーボルトタイプの地震対策キット

金具固定型(床固定)

金具固定型(床固定)

鎖固定型(床固定)

鎖固定型(床固定)

注記:
床(コンクリート)に アンカー施工が必要です。施工業者の手配,費用負担はお客様に ご対応いただきます。

ゲルタイプの地震対策キット

耐震マット型(ゲルタイプ)

耐震マット型(ゲルタイプ)

注記:
PタイルやOAフロアなど平滑な床への設置が可能。
注記:
ゲルタイプの地震対策キットはオルテック社製の商品となります。

ストッパータイプの地震対策キット

ストッパータイプ

複合機のキャスター部に装着し、地震時の揺れを抑止するストッパーです。
スリット入りなので、本体を動かしたり、持ち上げたりせずにキャスターに装着することができます。

ストッパータイプ

注記:
ストッパータイプの地震対策キットは、株式会社昭電製の商品となります。

このページのトップへ

効果

地震対策キットの設置により、複写機やプリンターが移動・転倒することを防止できます。 耐震試験において、水平加速1,000ガル(震度7相当) に対して、機械の移動・暴走がないことを確認しています。注1

注1
試験は基本的な耐震性を確認するためのものであり、すべての地震による耐震を保証するものではありません。地震による機械への力の加わり方は、(1)地震の規模 (2)揺れ方向 (3)建物の構造(床構造含む) (4)地盤などにより大きく変化します。万が一の地震が発生し機械の移動・暴走があり、仮に被害を被った際においての損失・損害などを保証するものではありません。

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。

このページのトップへ