ホーム > ソリューション > お客様導入事例 > 教育 > 愛知県立大学 看護学部様

お客様導入事例:授業支援ソリューション [愛知県立大学 看護学部様] 手書きの答案・レポートの取り扱いや管理にかかっていた作業負荷を低減頻繁に実施するアンケートにも「授業支援ボックス」を活用

お客様導入事例 愛知県立大学 看護学部様

経営課題:手書きの答案・レポートの取り扱いや管理のため、教員の負荷が増大

個人情報保護の観点から、手書きのミニテストやレポートが多い愛知県立大学看護学部様では、紙媒体の答案やレポートを取り扱うことについて多くの作業が発生。学籍番号順の並べ替えや点数入力、返却などの作業が教員の負荷を増大させていました。

取り組み内容:並べ替えから返却までが不要になり、作業負荷が3分の1に軽減

回収した紙媒体の答案やレポートを、簡単に学籍番号順に並べてデータ化できることから、教員の負荷低減につながると判断し、「授業支援ボックス」の導入を決定。教員が学籍番号順に並べ替える手間などが、学生への返却も含めて不要になり、全体の作業負荷が3分の1に低減できました。

将来展望:Excel関数を利用した自動採点など、さまざまな使い方を実践したい

愛知県立大学看護学部様では、Excel関数を利用することで、作成されるデータを自動採点や統計・分析などに役立てたいと考えています。またカスタマイズしたOCR対象領域を活用して、より複雑なアンケートの入力作業軽減にも役立てていく方針です。

サービス概要:標準フォームをカスタマイズし簡易アンケートに応用、さまざまな分析にも利用範囲を拡大

当初の導入目的である答案・レポートや出席票での利用から、標準フォームをカスタマイズし、アンケートへの活用も進めており、ソリューションの利用範囲を広げています。

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ