ホーム > ソリューション > お客様導入事例 > ヘルスケア > アストラゼネカ株式会社様

文書管理ソリューション「真正性」「見読性」「保存性」を担保できるシステムの実現でより迅速で確実な安全性情報への対応が可能に アストラゼネカ株式会社 様

お客様導入事例 アストラゼネカ株式会社様

経営課題:患者さんに安心していただくため、より迅速で確実な安全性情報への対応を検討

患者さんに安心して薬を使っていただくため、迅速で確実な安全性情報の対応を目指しているアストラゼネカ株式会社様。安全性情報への対応に、より真摯に取り組むため、安全性情報に関連する資料の電子保存を決断しました。

詳細を見る

取り組み内容:「真正性」「見読性」「保存性」を担保するシステムで、より迅速・確実な対応を実現

安全性情報に関する資料の電子保存に向け、「真正性」「見読性」「保存性」を担保できるシステムを実現。これまで以上に迅速で確実な安全性情報への対応が実現できました。また、紙の資料の管理にかかっていた作業コストと、資料を保存していたスペースを大幅に削減できました。

詳細を見る

将来展望:場所を選ばずに対応を進められるようになり、社員へ多様な働き方の提案が可能に

パソコンとインターネット環境があれば、遠隔地でも対応を進めることが可能になりました。このことは、当社内において在宅勤務の実用性を浸透させる効果があり、結果社員へ多様な働き方(ダイバーシティー)を提案できるようになりました。

詳細を見る

サービス概要:安全確保業務のスピードアップと確実性の向上をソリューションで実現

安全確保業務に必要なスピードと確実性を実現するため、「紙と電子の統合ハンドリング」「原本管理」「業務プロセスの整流化支援」の3つのポイントでご支援させていただきました。

詳細を見る

※ 事例の内容は2014年9月時点の情報です。

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ