ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

お客様導入事例 学校法人 別府大学様

九州で初めて、交通系電子マネー「nimoca」を採用したプリント課金システムを構築し、学生の利便性を向上 学校法人 別府大学 様|お客様導入事例 交通系電子マネー課金システムの構築

経営課題:プリペイドカードの集約を目指して、プリント課金システムを改善

学生の就職後を考慮して、文書作成スキルを向上させるため、プリント環境の整備を行ってきた別府大学様(以下、敬称略)。プリントとコピーにそれぞれ必要だったプリペイドカードの集約などを目指して、プリント課金システムの改善に着手しました。

取り組み内容:「nimoca」を中心としたプリント課金システム構築で、学生の利便性を向上

2012年春、汎用性のある交通系電子マネー「nimoca」を中心としたプリント課金システムを構築しました。学生たちの反応も非常に良好です。また、旧プリペイドカードの残高を持つ学生に配慮し、旧システムも1年間は並行稼働させるような運用体制にしています。

将来展望:学内のさまざまな場面で「nimocaカード」を利用できるようにしたい

食堂・購買・入退室・授業の出欠管理など、学内のさまざまな場面でnimocaカードが利用できるようにしていきたいと考えています。また、nimoca学生証や、学生の持ち込みPCからのプリントについても計画しています。

サービス概要:「nimocaカード」を採用したプリント課金システム

「コピーカードとプリントカードを1枚にまとめたい」「どちらのカードも1枚1,000円と値段が高い」という2つの課題を、交通機関で利用されている電子マネー「nimocaカード」を採用したプリント課金システムの構築により、解決しました。

※「nimoca」は西日本鉄道株式会社の登録商標です。

※事例内容は2012年8月時点の情報です。

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

このページのトップへ