ホーム > ソリューション > お客様導入事例 > 教育 > 大阪大学サイバーメディアセンター様 · 大阪大学生活協同組合様

お客様導入事例:BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング) [お客様導入事例 大阪大学サイバーメディアセンター様 · 大阪大学生活協同組合様] プリントコストの削減を推進しつつ学内のどの複合機からもプリントできる将来のBYOD活用に対応できる環境を構築

お客様導入事例 大阪大学サイバーメディアセンター様 · 大阪大学生活協同組合様

経営課題:プリントにかかるコストを削減しつつ、学生のプリントニーズに対応したい

ハードウェアのみならず多様なサービス提供を目指している大阪大学サイバーメディアセンター様(以降、阪大CMC様)は大学全体としてコスト削減に取り組む中、学生向けのプリント環境の見直しを進めていました。同時に、将来に向けた多様なプリント環境の構築も計画していました。また、大阪大学生活協同組合様(以降、阪大生協様)は学生のプリント利用数が減少する中、少しでも複合機を有効活用するための方策を検討していました。

取り組み内容:クラウド上にファイルをアップするだけで、どの複合機からもプリント可能に

阪大CMC様と阪大生協様の両者が協力する形で「Cloud On-Demand Print」を導入。阪大生協様の複合機を活用できるよう、阪大CMC様がネットワークを整備することで、今回のシステム環境を実現しました。現在は、手元のデバイスからクラウド上にプリントしたいファイルをアップロードすれば、豊中キャンパスと吹田キャンパスにある合計7台の複合機のいずれでも、プリントが可能になりました。

将来展望:複合機の設置場所を増やし、さらに利便性を高めていく

阪大生協様は、これからも「Cloud On-Demand Print」を通じて、大学生協電子マネーの利用を促進していく方針です。また、現状は「Cloud On-Demand Print」の利用環境が整っていない箕面キャンパスにも複合機を設置するなど、さらに複合機の設置場所を増やし、さらに利便性を高めていくことを計画しておられます。

サービス概要:SaaS型クラウドサービスと電子マネーの活用で、新たなプリント環境を構築

阪大CMC様と阪大生協様を仲介する形で「Cloud On-Demand Print」と大学生協電子マネー活用のサービスをご提案。スタンドアロンだった複合機が、BYODに対応したオンデマンドプリンターとして活用いただけるようになりました。

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ