ホーム > ソリューション > お客様導入事例 > 製造業 > 古野電気株式会社様

お客様導入事例 古野電気株式会社様

お客様導入事例 貿易帳票管理システム 輸出・輸入業務の貿易帳票類を電子化し、ワークフロー自動化による業務効率化と高品質化を実現 古野電機様

経営課題:海外競争力強化のため、業務効率化や迅速な情報取得が必要

海外競争力強化のため、業務効率の向上と業務プロセスの標準化、速やかな情報取得が課題となっていた古野電気株式会社様(以下敬称略)。情報の検索性とトレーサビリティーの強化のため、導入したERPの稼働に合わせて貿易帳票の電子化を実施しました。

詳細を見る

取り組み内容:輸出・輸入業務に関する貿易帳票を電子化し、業務効率化・標準化を実現

「貿易帳票管理システム」の導入により、輸出・輸入業務に関する貿易帳票を電子化し、統合データベースで一元的に管理。業務効率化に加え、ワークフロー見直しによる業務標準化を実現し、約45%の業務効率向上、年間約1,000万円のコスト削減に成功しました。

詳細を見る

将来展望:取得したグローバルSCM情報をビッグデータとして、会社経営に活用

今後は、さらに多くの海外子会社とデータ連携し、取得したグローバルSCMに関する情報をビッグデータとして、グローバル調達などさまざまなことに活用していく予定です。また、国内部門などへ帳票電子化を浸透させていく方針です。

詳細を見る

サービス概要:「貿易帳票管理システム」による帳票電子化と業務効率化を実現

輸出・輸入業務に関する貿易帳票類の電子帳簿保存法に対応するシステムを構築。ERPと連携したデータの一元管理に加え、帳票類の電子化・ペーパーレス化を実現しました。

詳細を見る

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ