ホーム > ソリューション > お客様導入事例 > 製造業 > 古野電気株式会社様 > サービス概要

お客様導入事例 古野電気株式会社様

「貿易帳票管理システム」による帳票電子化と業務効率化を実現

(左から)富士ゼロックス株式会社 中央営業事業部ビジネストランスフォーメーション 営業部関西BTPグループ前阪 学 富士ゼロックス株式会社 ソリューション・サービス営業本部 SSS部 西日本SOL技術部<br>
本吉 夏樹

(左から)
富士ゼロックス株式会社
中央営業事業部
ビジネストランスフォーメーション営業部
関西BTPグループ
前阪 学

富士ゼロックス株式会社
ソリューション・サービス営業本部
SSS部
西日本SOL技術部
本吉 夏樹

貿易業務は、取引先・代理店・倉庫業者・運送業者・船会社・税関など多くの企業や機関が介在し、それらの関係者との間でインボイス・パッキングリスト・船荷証券・輸出許可書・海上運送状・航空運送状といったさまざまな帳票をやり取りする必要があります。従来はこれらの帳票が紙でやりとりされていたため、紙の処理・伝達・管理・保管、さらには社内外からの問い合わせ対応や税関監査対応にかなりの人手とコストがかかっていました。

しかし、近年では世界的な貿易手続きの電子化の流れの中で、日本においても貿易業務プロセスおよび貿易帳票の電子化・ペーパーレス化が可能な環境が整ってきました。

古野電気様は、輸出・輸入業務に関する貿易帳票類の電子帳簿保存法に対応し、帳票類の電子化・ペーパーレス化を実現した国内有数の先進事例です。

本システムの主な特長は、次の4つです。

  1. 基幹システム(ERP)連携情報取り込み

    本システムとERPを連携させ、貿易・物流関係の情報と帳票類をすべて電子データで電子文書管理ソフトウェア「Apeos PEMaster Evidence Manager」の統合データベースで一元管理し、蓄積されたデータをもとに各種貿易帳票を自動生成するシステムを開発。

  2. 業務プロセス標準化ワークフロー

    標準化された業務プロセスの自動化を「Apeos PEMaster Evidence Manager」のワークフローオプションソフトウェアで実現。

  3. 案件台帳管理

    標準化された業務プロセスごとの台帳自動作成・管理、進捗確認を「Apeos PEMaster Evidence Manager」のオプションソフトウェア「Apeos PEMaster Evidence Tracker」で実現。

  4. メール通知自動化

    必要な帳票がすべて揃った時点で、社内関係部門や通関業者、取引先などへ対象帳票を自動一括送信するシステムを開発。

富士ゼロックスは、「貿易帳票管理システム」の適用領域の拡大や蓄積されたデータの活用などを通して、古野電気様のさらなるグローバルSCM業務改善に貢献していきます。

関連ソリューション/商品

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ