ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

当社事例 富士ゼロックス事務サービス部

ファクスの誤送信をゼロにする、ヒューマンエラーを起こさせない仕組みを実現。 富士ゼロックス株式会社 事務サービス部

経営課題:請求書等をファクス送信するうえで、あってはならない誤送信

経営課題契約業務や請求業務に携わる富士ゼロックス事務サービス部。業務においてファクスの送信は不可欠である一方、請求書などの“誤送信”は社会的な信頼の損失にもつながることから、これを抑止する仕組みづくりが求められていました。

取り組み内容:利便性にも配慮した、ファクス誤送信抑止のためのシステムを開発

取り組み内容ユーザーがスムーズに操作しながらも、セキュリティーレベルを上げられるよう、請求業務の担当者とシステム開発者が一体となって検討。ApeosPortとApeosPort用に開発された専用ソフトウェアを連携させた、ファクス誤送信抑止システムの仕組みを構築しました。

将来展望:情報セキュリティーの強化が、企業の信用を支え競争力を向上

将来展望現場の意見を募り検討を繰り返しながら、ハードウエア、ソフトウェアのみならず、運用方法も含め、“誤送信をおこさない操作”ができる環境を構築しました。

サービス概要:ファクス誤送信抑止システム

デジタル複合機「ApeosPort」と、「F抑 forApeosPort」(開発元:日本オプロ株式会社)をベースにカスタマイズした独自のファクス誤送信抑止システムを使い、ヒューマンエラーの発生を抑え、セキュアなファクス送信を実現します。

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ

このページのトップへ