ホーム > ソリューション > お客様導入事例 > 製造業 > 株式会社本田技術研究所二輪R&Dセンター様

お客様導入事例:プロダクションサービス [株式会社本田技術研究所 二輪R&Dセンター様] 紙出力を含めたカラーマネージメントの自動化によりデザイナーの色調整工数を削減しデザイン作業の効率化を実現

お客様導入事例 株式会社本田技術研究所二輪R&Dセンター様

経営課題:デバイスで異なる色合いを調整するために発生していた、無駄な工数を削減したい

世界中のユーザーに喜ばれるモーターサイクルを創出するため、研究開発に取り組んでいる本田技術研究所 二輪R&Dセンター様。デザイン業務に注力する中で、PCのモニターと出力機で異なる色合いを調整するため、本来のデザイン業務のほかに、無駄な作業が発生していました。

詳細を見る

取り組み内容:デザイナーの意図通りに出力できるようになり、デザイン作業が効率化できた

富士ゼロックスの「RGBワークフローカラーマネジメントサービス」により、モニターと出力機のカラーマネジメントを自動的に実行し、色の統一・安定を実現。デザインをデザイナーの意図通りの色で出力できるようになり、デザイン作業や確認・評価作業が効率化できました。

詳細を見る

将来展望:センター内の全デザイナーや海外拠点へ、サービス導入対象の拡大を視野に

本田技術研究所 二輪R&Dセンター様では、今後も効果と費用のバランスを取りながら、センター内の全デザイナーや海外拠点などへの対象の拡大を検討しています。

詳細を見る

サービス概要:デバイス間の一貫した色再現により、デザイン現場の業務効率化を支援

本田技術研究所 二輪R&Dセンター様は、異なるデバイスでの表示色を調整し、一貫した色再現を提供する「RGBワークフローカラーマネジメントサービス」を導入。デザイナーが各自実施していた色合い調整の時間をゼロにしたことで、デザイン業務の効率化や意思疎通の円滑化を実現しました。

詳細を見る

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ