ホーム > ソリューション > お客様導入事例 > 教育 > 学校法人法政大学様

お客様導入事例:授業支援ソリューション [教育の「質」向上を支援するため学生の手書き文書の一元管理を実現 教員の事務作業負荷の軽減に加え学生のモチベーションアップに貢献

お客様導入事例 学校法人法政大学様

経営課題:教育の「質」向上を目指す中、授業支援システムと紙ベースの教育との共存が課題に

法政大学様では教育の「質」向上をはかるため、2007年、全学的に授業支援システムを導入しました。しかし、テストの採点・返却などには変わらず大きな負荷がかかっていました。また、日常的に行われている紙ベースの教育方法には多くのメリットがあり、授業支援システムとの共存や一元管理が課題になっていました。

詳細を見る

取り組み内容:手書き答案を簡単に授業支援システムに登録し、一元管理できる仕組みを開発

富士ゼロックスとの「共創プロジェクト」を立ち上げ、手書きの答案を一元管理できる「授業支援ボックス」を開発。複合機でスキャンするだけで、紙ベースのテストやレポートを授業支援システムに登録できるようになり、教員の事務作業を大きく削減できました。また、学生側にも理解度の深まりやモチベーションアップなどの効果が見られました。さらに、学生が教員の授業の進め方に関して期中に改善提案をする、FD注1授業改善の期中アンケートにも活用しています。

詳細を見る

将来展望:教員・学生ともにシステム利用者数をさらに増やし、将来的には全学での導入を視野に

法政大学様では、今後もさらに教育の「質」向上を目指し、さまざまな形で「授業支援ボックス」などの教育支援ツールを導入していく方針です。また、システム利用者数をさらに増やすこと、将来的に全学で導入することを視野に入れています。

詳細を見る

サービス概要:スキャンするだけで紙文書のテストやレポート、出席票を授業支援システムに登録

テストやレポート、出席票などの紙文書をApeosPortシリーズの複合機でスキャンすることにより、授業支援システム(LMS:Learning Management System)に登録するシステムを構築。採点に関わる教員の工数削減、および教員と学生の相互コミュニケーションの活性化や学生のモチベーション向上に効果を発揮しました。

詳細を見る

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ