ホーム > ソリューション > お客様導入事例 > 教育 > 関西学院大学様

お客様導入事例:BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング) [関西学院大学様] 季節性の高い奨学金受付業務や日々の付帯業務についてBPOサービスを導入し、職員の負担軽減とプロジェクト進展に集中できる環境構築に成功

お客様導入事例 関西学院大学様

経営課題:教育研究の質向上と財務体質の強化のため、職員を本来業務へ注力させたい

関西学院大学は、社会における存在価値の向上を目指して、2009年を起点として10年後を見据えた「新基本構想」を策定し、その具現化に向けての施策を「新中期計画」として推進してきました。そして「新中期計画」の推進には、限られたリソースの中で「研究教育の質の向上」・「財務体質の強化」などの重要な経営課題を解決する必要があったため、職員の日々の煩雑な付帯業務を軽減し、本来業務に集中させるためのリソースシフトを検討しました。

取り組み内容:BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)により付帯業務を改善

関西学院大学は、2013年から富士ゼロックスのBPOサービスを導入。キャンパス内に富士ゼロックスのスタッフが常駐する業務支援センターを設立し、ドキュメント制作、学習施設の運営、マイナンバー関連業務など徐々にBPOの範囲を拡大していきました。そして、2017 年 4 月からは「奨学金受付業務」にも導入を開始。BPOサービスの活用・範囲拡大により、職員は新規プロジェクトや提案へ注力するリソースシフトを実現できました。

将来展望:より一層業務委託の範囲を拡大し、さらなる業務プロセスの改善をはかっていく

BPOサービスによって、職員のさまざまな業務負担が軽減し、本来業務に集中できる環境の構築に成功しました。今後も現状に止まらず、文書電子化や学内システムとの連携にも取り組むなど、さらなる業務プロセスの改善に向けて、より一層業務の委託範囲を拡大していく方針です。そして、大学の価値向上・競争力強化に注力できるよう、より職員の働き方変革をはかっていきたいと考えています。

サービス概要:BPOサービスによって、職員の大学の競争力強化策へのリソースシフトに貢献

単なる業務代行ではなく、関西学院大学の真の経営課題の解決に貢献する戦略的BPOサービスを提供。常駐のサイトマネージャは、関西学院大学の各業務担当部門との連携によって、部門や業務における課題を的確に理解し、各種事務手続きや施設の運用管理業務を統括的に運用・管理しています。同時に、経営資源集中化に向けた業務プロセスの分析や継続的な改善もはかっています。また、新たに「奨学金受付業務のBPO化」により、季節性が高く非常に煩雑な奨学金受付業務を請け負い、職員の事務負担を軽減し、大学の価値向上といった本来業務に集中して取り組める環境構築を促進しています。

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ