ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

当社事例 富士ゼロックス株式会社

リスクマネジメントを背景としたバイタル・レコード・マネジメント

近年、防災対策を戦略的に位置づける事業継続計画(BCP)の重要性が高まっています。 企業の事業活動を阻害する危機が発生した場合でも、その影響を最小限にとどめることを狙いに、 業務の中断なく速やかに復旧活動につなげ、正常レベルに戻す計画をマニュアル化し、それを経営戦略として管理することが求められます。

富士ゼロックスは重大リスク対応のため基幹文書・重要文書をバイタルレコードとして選定しその保護と 活用を社内実践しています。現在、弊社事務センターにて月間5万件の契約書を毎日オンデマンドでスキャン登録し、 その数は270万文書、2700万ページにものぼっています。

弊社は文書の発生から保存・廃棄までのドキュメント・ライフサイクル・マネジメントを実現しています。

バイタルレコードマネジメント登録システム

業務プロセスで発生する契約書などの紙文書(証憑)を電子化登録する仕組みをご提供します。その特徴は以下の通りです。

  1. スキャン画像・文書属性を即時に表示
    • スキャンした画像をサムネール化してApeosPortの大型ディスプレイに表示
    • スキャンした文書の属性をOCR抽出しApeosPortの大型ディスプレイに表示し文字修正が可能
  2. 手書きOCRエンジン搭載
    • 手書きOCRエンジンにより、タイプ入力のベリファイコスト低減を実現
    • さまざまなデータエントリーに応用可能
  3. マルチ対応型スキャン
    期間システムや登録/確認システムなどへの入力システムとして連携可能

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ

このページのトップへ