ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

お客様導入事例 株式会社村田製作所様 経営課題

海外市場での競争力強化のため、業務上のコスト削減とスピードアップが必要

生販システム部 担当次長 石田 行弘 様

当社を含め、以前からグローバル展開を進めてきた日系製造メーカーは近年、中国を含む新興国市場でのシェア争いなどに巻き込まれています。ファブレスや水平分業など時流に乗ったビジネスモデルが求められるなか、従来のやり方を変えることができず、苦戦を強いられている企業は少なくありません。

当社は、売上高の80%以上を海外市場での販売実績が占めている一方、製品の大半は国内工場で生産しており、電子部品メーカーとしては珍しく「日本で製造し、海外で販売する」ビジネスモデルでやってきました。しかし、この国内生産比率の高さが一因となり、近年の台湾・韓国企業とのコスト競争という難局において、競争力の低下を感じていました。

こうした状況のなか、当社は新興国市場でのシェアを取り戻すべく、市場競争力の強化に向け、あらゆる業務において徹底的なコスト削減とスピードアップを求められています。当部が担当しているSCMや物流業務においても、いくつものPJTを同時並行で実行し成果をあげるとともに、それを継続できるスキル、人材、風土を醸成しています。

輸出において必要な帳票の作成・やり取り・保管作業の効率化を検討

生販システム部 物流システム1課 係長 明石 憲司 様

また、以前から輸出を担う私たちの部門では、その機能を本社に集約し少人数で当たることで効率化できる体制を構築し、スピード重視で仕事にのぞんできました。業務システムについても何度も改善を重ねてきて、現在は生産性の高いシステムを利用しています。しかし、それでもなお効率化すべき部分が残されていました。それが紙の問題です。

輸出における特殊な慣習から、当社とお客さまの間には、倉庫業者・代理店・航空業者・税関など複数の企業や機関が介在します。そして、どうしてもインボイス・パッキングリスト・輸出許可書・航空運送状といった帳票は紙でのやり取りや手続きが必要でした。さらに、注文ごとに必須となる帳票は異なりますし、通関業者が作成する帳票を待つ必要もあり、その状況把握などにも時間がかかっていました。

また、当社は税関当局から認定されたAEO(特定輸出)事業者*であり、発生した書類を保管しておかなくてはなりません。そのため、1日につき約1000枚の書類内容を確認してファイリングする作業に、熟練した担当者が丸1日付きっきりになるなど、多くの工数を取られていました。そこで、輸出業務で発生する帳票の作成・やり取り・保管などの作業を効率化するため、業務プロセスを見直すことにしたのです。


* AEO事業者:AEO(Authorized Economic Operator)制度を受けられる事業者のことです。AEO制度とは、国際物流におけるセキュリティー確保と円滑化の両立を図り、我が国の国際競争力を強化するため、貨物のセキュリティー管理と法令遵守の体制が整備された事業者に対し、税関手続の緩和・簡素化策を提供する制度です。

※事例内容は2012年9月時点の情報です。

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

このページのトップへ