ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

お客様導入事例 株式会社村田製作所様 将来展望

適切な担当者への帳票のメール配信、進捗の「見える化」を実現

生販システム部 物流システム1課 大塚 範子 様

今回のシステムでは、作成した帳票が自動的に適切な担当者へメール配信される仕組みを構築しました。

これまで帳票は、FAXで送信することが多かったのですが、品質の低さから内容を判読できないことがありました。また、FAXが不達となることが1日に30件前後発生していたため、送付先に連絡して確認したり、再度送り直したりと非常に手間を取られていました。しかし、「貿易帳票管理システム」導入以降は、適切な送付先に必要な帳票が自動的に配信されるようになり、不達はほぼゼロに減らすことができました。

ほかにも、システム画面上で帳票の作成状況など、注文ごとのプロセスが一目で分かるようになり、簡単に進捗を管理できます。この「見える化」により、当社の応答精度も上がっていると思います。スピードが問われる輸出業務において、さらなるスピード化を実現できました。

社内の別業務や海外拠点においても、帳票電子化・業務効率化の仕組みを活用したい

社内にはまだ商品開発や研究開発など、紙によるやり取りを手作業で行っている部門がありますので、今後はそこまで帳票電子化・業務効率化の範囲を拡大していきたいと思います。ほかにも、あくまで希望ですが、タイムスタンプ/電子署名の技術について、別の業務でも活用していきたいと考えています。そのため、活用できるシチュエーションを見極めて、幅広く展開していきたいと考えています。

また今後は、海外の36拠点でもこの仕組みを活用していき、グローバル市場に広く展開していきたいと考えております。そのためには、24時間365日活用していけるように可用性を高めていくことが、次の課題になると思います。

今後、富士ゼロックスには引き続き良きパートナーとして、この「貿易帳票管理システム」の他社における導入活用例を教えていただいたり、当社をもっと良くしていくための適切なアドバイスをいただきたいですね。

プロフィール

株式会社村田製作所は、TV-CMでおなじみのムラタセイサク君R、ムラタセイコちゃんRをはじめ、確かな技術力で日本のエレクトロニクス業界を牽引してきた電子部品メーカーです。これからも携帯電話やコンピューター、AV機器など、エレクトロニクスの中心的な分野から、自動車や環境・エネルギー、ヘルスケアなどの新領域まで、幅広く新しい価値を提案していく方針です。

村田製作所

会社名 株式会社村田製作所
本社所在地 京都府長岡京市東神足1-10-1
設立 1950(昭和25)年12月23日
資本金 693億77百万円(2012年3月31日現在)
従業員 36,967名(連結:2012年3月31日現在)
URL http://www.murata.co.jp/ [外部サイト]

※事例内容は2012年9月時点の情報です。

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

このページのトップへ