ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

お客様導入事例 株式会社佐藤製作所様

「図面差分検出ソリューション」によって、顧客企業との関係性が向上し、受注率アップを実現

導入の経緯:変更された部品図の確認ミスによる、顧客との信頼性低下を懸念

社長 佐藤 勝 様

レンジフード(キッチンのコンロ上部に設置される排気設備)に利用する部品の、組立加工を行っている佐藤製作所様。受注先企業から、700~800点にも及ぶ部品のアッシー図や部品図を事前に預かっていて、受注時にはそちらを基に製造・納品を行っています。受注内容としては、すでに製造実績がある部品のリピート注文であり、指定ロット数を短納期で納品するケースがほとんどです。

受注先企業からは、受注タイミングとは関係なく700~800点の部品図の中から、1カ月で平均10枚程度の変更図面が送られてきます。しかし、設計者によって修正の指示方法などが異なり、やり取りも複数回発生することから、検図を行う中で変更を見落としたり見間違えたりすることがあったそうです。変更指示が反映されていない部品を製造してしまい、すぐに製造し直して再納品したこともあり、受注先企業からの信頼度低下が懸念事項として挙がっていました。

また、受注先との取り決めとして、事前に預かっている図面は変更図面が送付されてきた時点で、すぐに新しい部品図と差し替えて、古い部品図は返却することになっています。しかし、新旧の部品図面を見比べながらの確認作業には時間がかかるため、旧部品図の返却が遅れたり自社に残ったりしてしまうこともありました。特にCAMプログラムのデータ変更を伴う場合、30分~1時間の時間を要してしまうことも珍しくありませんでした。

そのため、佐藤製作所様では短時間で確実に、変更前の部品図と変更指示があった部品図を比較できる検図の手段を検討。そこへ、タイミングよく富士ゼロックス福島からの提案があり、複合機と連携して2枚の図面を対比して自動的に差分を検出できる「図面差分検出ソリューション」の導入を即断しました。

導入の効果:短時間で確実な検図が可能になり、CS向上につながった

佐藤製作所様では現在、変更前の部品図と変更指示があった部品図を複合機「ApeosPort-IV」でスキャンして、「図面差分検出ソリューション」で変更箇所を検出しています。また、変更部分の検出結果図面を基にして、CAMプログラムの変更を行っています。このことにより、変更された部品図の確認ミスによる、誤った部品の製造・納品、受注先企業からの信頼度低下というリスクは大幅に解消されました。

ビジネス戦略的に、その関係性を最も重要視している受注先企業との、定期的な品質確認会において、この「図面差分検出ソリューション」の導入と、その効果について報告したところ、受注先企業からも高い評価を得ることができたといいます。この顧客満足度向上が、受注力アップにもつながりました。

また、部品図の変更箇所の確認にかかっていた作業を効率化できること、手戻りのリスクを減らし、納期順守につながることも、「図面差分検出ソリューション」導入の大きなメリットと考えています。

今後、佐藤製作所様は受注先企業から自社への依頼確認のためにも、「図面差分検出ソリューション」を活用していく予定です。受注先企業からの注文依頼は、必要な部品を一括で記載した大量の注文一覧表で行われるため、これまで佐藤製作所様はその中から自社のコードナンバーを目視で見つけることで、自社への注文を確認していました。こうした作業についても「DocuWorks」のOCR機能を用いた全文検索により、確実かつスピーディーに進めていきたいと考えています。

佐藤製作所様 図面差分検出ソリューション 活用イメージ

プロフィール

レンジフード(キッチンのコンロ上部に設置される排気設備)に利用する部品の組立加工など、金属プレス加工を軸に、板金、スポット溶接、組立、こん包まで幅広い業務を行っている佐藤製作所様。高品質、高価値な「モノづくり」を追求しています。

株式会社佐藤製作所
名称 株式会社佐藤製作所
所在地 福島県西白河郡中島村大字滑津字大池向11-7
URL -
注記:
事例内容は取材時点の情報です。
お客様コメント
これまで、受注先企業から変更された部品図を受けて試作品を提出する際に、細かな修正部分を理解できずに何度も作り直した経験があります。また、こうしたことを繰り返していては信頼性の低下を招く恐れもありました。そのため、検図の部分を外注に出すことも検討していたのですが、タイミングよく富士ゼロックスの訪問があり、「図面差分検出ソリューション」に出会うことができました。導入後は、短時間で確実な検図ができるようになっただけではなく、受注先企業からもその効果を高く評価していただき、期待以上の効果があったと感じています。

富士ゼロックス福島株式会社 中央支店 NS白河営業所 千葉和幸

営業コメント
「佐藤製作所さんで活用できるのではないか」という、受注先企業の資材担当者様の一言がきっかけで、今回、佐藤製作所様へ図面差分検出ボックスを紹介させていただきました。今後も活用いただくことで、さらに佐藤製作所様の作業効率や生産性向上だけではなく、受注先企業様との信頼関係強化につながれば幸いです。

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

このページのトップへ