ホーム > ソリューション > お客様導入事例 > 教育 > 国立大学法人 山口大学様

お客様導入事例 汎用性の高い生協電子マネーが利用できるプリントシステムの構築でより利便性の高い出力環境を実現 国立大学法人 山口大学様

お客様導入事例 国立大学法人 山口大学様

経営課題:生協電子マネーを利用できるよう、学内のプリントシステムを改善

国立大学法人山口大学様では、これまでも離れたキャンパス間の遠隔授業をはじめ、教育理念である豊かな「知の広場」の創造のため、ICTを活用してきました。今回、個別に存在したプリンター用のプリペイドカードを廃止して、生協電子マネーでプリントシステムを利用できるように改善を行いました。

詳細を見る

取り組み内容:課金システムの変更により、学生にとって便利な出力環境を構築

より利便性の高い出力環境を構築するため、学生にとっての使いやすさを考慮した仕様を検討、2013年度より生協電子マネーの利用が可能なプリントシステムを稼働しました。さらに、学内に設置していたゼロックスのコールセンターが、トラブル対応の窓口となることでより素早い対応が可能となりました。

詳細を見る

将来展望:1枚のカードだけで、大学生活のほとんどに対応できるよう計画

今後は、1枚のカードだけで、キャンパスでの生活ほとんどに対応できるように準備を進めている山口大学様。富士ゼロックスには、今後もコストを抑えつつサービスを低下させないための支援を期待しています。

詳細を見る

サービス概要:コールセンターとともに価値あるサービス提供を継続していく

2005年から、情報入出力環境運用支援契約で開設された山口大学内ゼロックスコールセンターは、日々山口大学様の「業務運営の改善・効率化」に取り組んでいます。これからも、山口大学様、山口大学生協様と連携し、プリントシステムの円滑な運用を維持していきます。

詳細を見る

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ