ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

お客様導入事例 ヤマゼン コミュニケイションズ株式会社様 経営課題

印刷案件が縮小傾向にある中、新しいビジネスへの挑戦を続ける必要があった

代表取締役 山本 征一郎 様

不況の影響もあり、印刷業を取り巻く環境もどんどん変化しています。汎用的な印刷機器の機能向上や経費削減などの事情により、内製化の傾向が顕著化。これまで60年近くも懇意にしていたお客さまでさえ、ご依頼の件数や量は半分以下にまで低下しました。これは、全体的な案件の絶対量が、どんどん縮小傾向にあるといわざるを得ません。

地方都市に拠点を置き、印刷業を中心に事業展開してきた当社としては、こうした状況を打破するため、業態を変革し印刷以外の新ビジネスに継続的に挑戦していく必要があります。幸い、12年前からスタートした栃木県のタウン情報サイト「栃ナビ!」にて、数多くの出稿者を募ることができていますし、オリジナルフォトブック作成サービス「nocoso」も順調にユーザーを増やしています。しかし、この現状に満足せず、これからも新しいビジネスに迅速に取り組んでいきたいと考えています。

当社の業務テーマに「三省」という言葉があります。すべての従業員がそれぞれの業務プロセスの中で「現状のままでよいのか、何か問題点はないか、どのように改善するか」を考え、成果まで含めて毎月の目標としているのです。こうした下地もあり、私たちは社風として革新的な姿勢を貫いてきました。少し前の業務のやり方をいつまでも守っていては、この時代を乗り越えることはできませんから。

「栃ナビ!」

「nocoso」

既存のオンデマンドプリンターでは、新しいアイデアの実現が難しくなった

今後も新しいビジネスに、スピードを上げてチャレンジしていく、という方針を実践するにあたり、1つの問題点が浮上しました。それは2007年から利用してきたオンデマンドプリンター「DocuColor 8000」の性能では、色・用紙サイズ・厚さなどの対応範囲に限界があり、新しいアイデアを実現することが難しくなってきたことです。

このままでは、せっかく芽生えたアイデアを活かすことができませんし、進めてきた業態革新にブレーキをかけてしまうことになります。そこで、2012年5月に予定していた社屋移転に合わせて、新しいオンデマンドプリンターを導入することにしたのです。

※事例内容は2012年7月時点の情報です。

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

このページのトップへ