ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

お客様導入事例 ヤマゼン コミュニケイションズ株式会社様 取り組み内容

求めていたクオリティーを実現できること、サポートの手厚さが決め手に

常務取締役 山本 堅嗣宣 様

新しいオンデマンドプリンターの導入に際しては、複数メーカーの製品を比較検討しました。実は当初、別メーカーの製品を選定する予定でいたのですが、富士ゼロックスから「Xerox iGen4 Press」の提案を受け、マットトナー・26インチのペーパーパスの対応という当社が求めていたクオリティーをクリアできることをお聞きして、最終的にこちらを選定したという経緯があります。

また、機械ですから多少のトラブルはしょうがないと思いますが、そうしたときの対応や日々のメンテナンスを、富士ゼロックスなら安心して任せられると感じました。このことも大きな選定のポイントです。

印刷は収益を得るまでに時間がかかるビジネスといえますが、会社の利益を考えますと、そればかりではバランスが悪くなってしまいます。今後はすぐに収益を得られるビジネスをもっと展開していきたいと考えています。そのためには当社の対応スピードを上げていく必要がありますが、「Xerox iGen4 Press」なら、そうしたスピードにもしっかり対応できると確信しています。

新たな付加価値を、お客さまに提供できるようになった

これまでお客さまには、印刷物を多めに刷っていただき、余った印刷物を倉庫でお預かりするという方法で、コストメリットを提供していました。しかし、この「Xerox iGen4 Press」の導入により、変更が頻繁に発生する印刷物の場合は、必要なときに必要な部数を刷る方がコストメリットがありますよ、ということを提案できるようになりました。2種のスタイルを実現できるようになったことで、お客さまに新たな付加価値を提供できるようになったと考えています。

しかし、低価格・スピーディー・小ロット対応といったアプローチだけでは、いずれお客さまに響かなくなるでしょう。もっとお客さまのビジネスに入り込んだ、付加価値の提供が必要になると考えています。そこで、当社ではまず、社内の従業員を部門ごとのグループに分けて研修を行い、「Xerox iGen4 Press」でできることを理解しました。その上で、次は1人1人の従業員から「その価値をお客さまに認めていただくためにはどうするべきか」、「どういう風に活用すれば新しい付加価値が生まれるか」ということについて、アイデアを募っています。そして、新しいアイデアを出した従業員には3段階で評価を行い、従業員のモチベーションを高めるとともに、社内の革新的な姿勢をさらに向上させています。

お客さまにもできる限り当社にお越しいただき、当社の新社屋や「Xerox iGen4 Press」を実際に見ていただき、どんなことが実現できるのかを知っていただこうと考えています。「百聞は一見にしかず」です。先日は「栃ナビ!」のお客さまを集めて写真撮影のセミナーを行ったのですが、大盛況でした。今後はそこで撮影した写真を即座にパネルなどに出力して、オンデマンドプリントのメリットをアピールしたいと考えています。

※事例内容は2012年7月時点の情報です。

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

このページのトップへ