ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

SPG

Susan Stucky, CEO

SPG (Strategic Practices Group)
ストラテジック・プラクティス・グループ

SPGのKnowledge Initiative

IRLから生まれたコンサルティング・ファーム

SPG(Strategic Practices Group)は、IRL(Institute for Research on Learning)のワークプレース研究グループがスピンアウトし、1999年に創設されたコンサルティング・ファームです。SPGのCEOであるDr. スタッキーは、組織の持つ知識資本の研究とコンサルティングを15年以上にわたって行なってきました。SPGは、組織戦略デザインのエキスパート、参加型デザインのエキスパートとのコンビネーションによって、クライアントの想いに最も近いワークプレースやコミュニティのデザインを実現致します。

SPGのコンサルティング・メソドロジー

文化人類学的アプローチにより、詳細なインタビューとシャドーイング(Shadowing: 個々のワーカーに影のように密着し、徹底的に観察する方法)を行ない、観察された事実(Fact)を写真やフィールドノートを用いてマップ化していくことにより、その組織の持つ特徴や課題を可視化します。特に、顧客との接点となる「場」を徹底的に観察することで、重要な顧客知を生み出している場やコミュニティの発見を行ない、その働きを高めるための組織や制度の変革デザインをクライアント企業との参加型デザインで行ないます。

コンサルティングのステップ

  1. コンサルティングのステップ目に見えない知識資産をクライアントとともに明らかにする
  2. 成功要因と障害を明らかにし、将来に向けての知識戦略の方向性を示す
  3. 新たに生まれた良質のプラクティスを組織全体に展開し、ビジネス価値を高める
  4. 組織全体に展開した良質のプラクティスを根付かせるための、メソドロジーをクライアントに移転する

(C) Copyright SPG

SPGが "The KNOW Alliance" に参加する意味

SPGは、日本において、KDIとの共同でコンサルティングを展開することを計画中です。SPGの目指すコンサルティングは、トップダウンで解を与えるタイプのものではなく、クライアント企業のCKOやナレッジ・リーダーに対し、知識戦略の立案と実現のための強力なツール・能力を提供することで、クライアント自身が自己革新し続けるための「信頼できる助言者(Trusted Advisor)」となることです。The KNOW Allianceを通して、現場で真に起きていることを徹底的に追求する文化人類学的アプローチのもたらす効果を、日本企業の皆様とともに実現していく機会を得ることを心より楽しみにしています。

このページのトップへ