ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

フューチャーセンターの4つの「型」

フューチャーセンターは、「未来志向で創造的に対話するための場」です。その形態は、誰が運営しているのか、何の目的なのかによって、様々です。典型的には、フューチャーセンターはその主体が「企業」か「公的」か、その目的が「社会変革」か「組織変革」かで、4つに分類できます。

タイプ1:オープン・イノベーションFC

内向き志向の企業を開き、社会的な共有価値をセクターを超えたつながりから生み出すためのフューチャーセンターです。企業が所有し、他セクターに開いていくタイプで、新規事業創造、CSR戦略、ブランディングなどを推進するためのプロジェクトに最適です。

タイプ2:ソーシャル・デザインFC

様々な領域の専門家や社会起業家たちが、共通のテーマで集まり、社会変革を起こそうというときに生まれる、アドホックなフューチャーセンターです。ソーシャルネットワークから生まれる自発的グループが、セクター横断の活動を始めたり、提言を行う時に最適です。

タイプ3:オープン・ガバメントFC

政府や地方自治体、あるいは市民団体が中心となり、市民の対話の場を育む活動を支援します。市役所、公民館、大学、図書館などの公共の場をフューチャーセンターにしていくアプローチです。

タイプ4:クロス・ファンクショナルFC

企業が、組織の壁を超えて協業し、革新のスピードを高めていくためのフューチャーセンターです。組織活性化 / 組織文化改革、知的生産性の向上、ナレッジマネジメントなどと組み合わせて考えるアプローチです。

もちろん、フューチャーセンターは必ずしもこの4つの型に収まるものばかりではありません。一つひとつのフューチャーセンターに独自の世界観があり、そこを先導するFCディレクターの哲学が形になって表れるものです。「あなた自身にとってのフューチャーセンターとは何か?」と問いかけてみてください。何かが閃きませんか?

KDI、FutureCenterに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

このページのトップへ