ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

富士ゼロックスの知識への取り組み

98年に富士ゼロックスおよび関連会社が新しく制定したミッション・ステートメントは、この序文から始まります。 ゼロックス・グループの「知識」への取組みの歴史は長く、92、93年、富士ゼロックスが開催したトップ・フォーラムに、野中郁次郎教授やピーター・ド ラッカー教授をお招きしたことにまでさかのぼります。その後もグローバル・リーダーズ・フォーラムやゼロックス・エクゼクティブ・フォーラムの開催を通じ て、企業トップの皆様と共に「知識経営」について考えていく"場"を提供してまいりました。1997年には米国ゼロックスと共同で、UCBハース・ビジネ ススクールに「ゼロックス知識学特別名誉教授職」をファンド致しました。野中教授がリードされ毎年開催される「UCBナレッジ・フォーラム」では、世界中 から知識研究者、学者、エグゼクティブが集結し、最先端の研究成果が発表されています。

このページのトップへ