ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

富士ゼロックスのナレッジ・イニシアティブ

ゼロックス・グループが、「ナレッジ・マネジメント」ではなく「ナレッジ・イニシアティブ」という言葉を使う理由 は、知識そのものは管理されるべきものではなく、知を生み出し活用する人々を活気付け、自発的に参画させることによって知を高めていくことが、知識を重視 する経営であると考えているからです。

MAKE 各カテゴリーの実践内容

  1. 全社的な"ナレッジ・カルチャー"の確立の成功
  2. ナレッジのマネージングへのトップマネジメントの支援
  3. ナレッジをベースとした製品/サービスの開発・提供能力
  4. 全社的な知的資産価値の最大化による成功
  5. 知識共有化環境の創造の有効性
  6. 継続的学習文化の確立の成功
  7. ロイヤルティとお客様価値を増大する顧客知のマネージングの有効性
  8. 株主価値を創出するナレッジのマネージング能力

このページのトップへ