ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

Working Folderで始めるファクス業務の効率化とTCO削減

課題

メールで情報をやり取りする時代でも、取引先や他拠点との間のファクス業務は完全にはなくせません。いつ着信するか分からないファクスを確認し、確実に担当者に届けるのは手間がかかります。また、担当営業が外出している時に限って、急ぎで対応しなければならないファクス文書を受信したり、業務に直接関係のない文書まで出力され、用紙代やプリント料金に無駄が発生している可能性があります。

このページのトップへ

解決の方法

クラウド型のストレージサービスであるWorking Folderと富士ゼロックスの複合機を連携することで、ペーパーレスファクス受信環境を簡単に構築。クラウド型のストレージサービスのため、サーバーの運用・管理に不安のあるお客様でも、安心して利用できます。

また、iPad/iPhone等モバイル端末を活用することで、外出先でもタイムリーにクラウド上のファクス受信文書を確認できます。

このページのトップへ

効果

ペーパーレスファクス受信による業務の効率化&TCO削減

ファクスを受信すると、複合機がDocuWorks文書に変換して、Working Folderの受信用に設定されたURLにアップロード。メール通知にてファクスの着信をユーザーに通知するので、自席から受信ファクスを確認することができ、DocuWorksの機能を利用して『済』マークや属性付与、フォルダー振り分け等が可能です。
また、用紙代やプリント料金がかからないので、エコ&経費の削減ができ、放置ファクスのリスクがなくなるため、セキュリティー対策にもなります。
複数拠点間でファクスの送受信業務をされている場合は、送信する代わりにWorking Folderに文書を格納すれば、通信料金の削減にもつながります。

外出中の営業活動をサポート

通知メールをiPad/iPhone等モバイルで受信し、ファクスの着信を確認できるので、外出中や出張中でもタイムリーな対応が可能です。DocuWorksとの連携で、文書の簡単な編集作業も行えます。
時間や場所にとらわれることなくWorking Folderに格納されているファクスや資料等を、オフィスにいるように活用できるので、時間を有効利用でき、忙しい営業活動を効率化できます。

このページのトップへ

利用シーン(動画)

お客様導入事例

注記:
  • iPad、iPhone、iPod touch、iTunes、Safariは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
  • iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

事例紹介

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

このページのトップへ