ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

事例紹介

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

Working Folderで始めるワークスタイル変革

課題

企業に業務改善をもたらすツールとして注目を集めているのが、iPadやAndroid OSを搭載したタブレット端末です。タブレット端末を導入する企業が増えている一方で、タブレット端末を導入するという目的が先で、それをどう使うのか?が後回しになり、導入したものの、有効活用できず、結果として導入コストに見合う効果をあげられていない可能性があります。

解決の方法

iPadやAndroid OSを搭載したタブレット端末に、電子文書を持ち運ぶためのアプリケーションをインストールすることで、クラウド型の文書共有支援サービスであるWorking Folderに、いつでもどこからでもアクセスできます。事前に最新の提案資料やカタログなどをアップロードしておけば、移動中やお客様先で必要な情報をダウンロード、参照、アップロードができ、営業活動の効率化やお客様対応の迅速化が図れます。

Working Folder活用イメージ図

効果

  • 提案資料を出力していた用紙代、プリント料金の削減
  • 重要資料を持ち出す際のセキュリティーリスクの軽減
  • 最新の商品/サービス情報をタイムリーにお客様に提示できることによる商談の円滑化

利用シーン(動画)

お客様導入事例

注記:
iPad、iPhone、iPod touch、iTunes、Safariは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

このページのトップへ