ホーム > ソリューション > 情報漏洩抑止

情報漏洩抑止

いつ、誰が、どの機器からどのような操作を行ったのか、操作結果の画像データとログを保存します。これらのデータを管理することで、情報漏えいに対するリスクを低減し、セキュリティーを強化します。

紙媒体からの情報漏えい対策が不十分ではありませんか?

紙媒体からの情報漏えいイメージ図

ガバナンスの強化や個人情報保護法の施行などにより、セキュリティーに対する意識は高まり続けています。その一方で、企業内外の情報漏えいはあとを絶たず、企業情報の持ち出しや個人情報の漏えいなど、さまざまな事件が発生しています。このような状況の中、各企業ではさらなるセキュリティーの強化が緊急の課題となっています。

紙媒体からの情報漏えいを抑止します。

紙媒体からの情報漏えい抑止イメージ図

いつ、誰が、どの機器からどのような文書を操作(コピー、プリント、ファクス、スキャン)したかわかるように、操作結果の画像データとログを保存します。これらのデータを管理・監視・追跡することで、紙媒体からの情報漏えいリスクを低減します。

特長

複合機で処理された文書の画像データを保存します。

複合機で処理された文書を画像データとして保存するフロー図

出力機器ごとに操作(コピー、プリント、ファクス、スキャン)結果の画像データとログを保存します。保存結果は、いつでも検索して確認できます。機器の利用にはパスワード・ICカードなどの認証による利用制限をかけることができますので、出力前から出力後まで一連の流れで対策を講じ、全社的なセキュリティーを強化できます。

トレーサビリティーを確保します。

機密情報が漏えいした場合の原因究明フロー図

万一、個人情報や極秘資料などの機密情報が漏えいした場合は、ジョブログ属性やOCR結果注1 などから必要な条件を入力して検索し、漏えい元を特定します。流出経路の追跡と解析が容易なため、すみやかに原因を究明できます。

  • 注1 Professional版のみ。ApeosWare Image Log Management 1.0 Professional OCR Licenseが必要。

情報漏えいリスクを監視・通知します。

設定した条件やキーワードを含む文書を1日1回自動で検索し、出力機器の不正使用による機密情報の漏えいを抑止するフロー図

設定した条件やキーワードを含む文書を1日1回自動で検索できます。検索結果は、管理者にメールで通知され、記録として保存されます。これにより、出力機器の不正使用による機密情報の漏えいを抑止します。

  • 注記 Professional版のみ。ApeosWare Image Log Management 1.0 Professional OCR Licenseが必要。

関連情報(商品情報)

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ