ホーム > ソリューション > コピーからの情報漏洩抑止

コピーからの情報漏洩抑止

本ソリューションは、コピー時に隠し文字などを背景に印刷することで、紙文書の複製を抑止します。

紙文書のコピーによる情報漏えいの心配はありませんか?

プリントした紙文書からの情報漏えいリスクイメージ図

紙文書のコピーと持ち出しが簡単にできる環境では、情報漏えいの恐れがあります。

紙文書の複製(コピー、ファクス、スキャン)を抑止します

紙文書の複製(コピー、ファクス、スキャン)を抑止するイメージ図

隠し文字などを背景に印刷することで、不正コピーによる情報漏えいの抑止に役立ちます。

特長

情報漏えい抑止機能を導入することにより、不正コピーを抑止します。

アノテーションを付けることによって、誰がコピーした文書かを識別可能 コピーした文書を再コピーすると文書全体に背景文字が浮かび上がり、文書の再コピーを抑止 コピー時に複製制限コードを埋め込むことにより、強制的に不正なコピーを禁止

  • ID等のアノテーションを付けることにより、誰がコピーした文書かを識別できるようなります。
  • コピーした文書を再コピーすると文書全体に背景文字が浮かび上がり、再コピーを抑止します。
  • コピー時に複製制限コードを埋め込むことにより、強制的に不正なコピーを禁止します。

関連情報(商品情報)

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ