ホーム > ソリューション > プリントからの情報漏洩抑止

プリントからの情報漏洩抑止

重要情報がプリントされた紙文書を複製(コピー、ファクス、スキャン)して再配布することによって発生する情報漏えいを抑止します。

プリントした紙文書からの情報漏えい対策はできていますか?

プリントした紙文書からの情報漏えいリスクイメージ図

プリントした紙文書の複製・持ち出しが簡単にできる環境では、配布文書・個人利用文書にかかわらず情報漏えいの懸念が高まります。

秘匿したい紙文書の再配布を防止します。

秘匿したい紙文書の再配布を防止するイメージ図

いつ、誰がプリントしたという識別情報が印字されるため、個人個人のセキュリティー意識が高まります。
複製制限コードをプリントやコピーを実施する際に埋め込み、コピー、ファクス、スキャンを禁止します。

特長

印刷者のIDを印字できます。

アノテーションをつけることによって誰が印刷した文書かを識別可能

プリントしたユーザーのIDを印字することで、文書の取り扱いの意識を高めます。

隠し文字や複製制限コードにより、二次利用を防止します。

隠し印刷をした文書をコピーすると文書全体に背景文字が浮かび上がり、複製行為を抑止 複製制限コードを埋め込むことにより、強制的に不正な複製行為を禁止

隠し文字を埋め込んでプリントした紙文書をコピーすると、警告を促すメッセージが印字されます。これにより、複製(コピー、ファクス、スキャン)による二次利用を禁止できます。
また、複製制限コードをプリントやコピーを実施する際に埋め込み、コピー、ファクス、スキャンを禁止することもできます。

関連情報(商品情報)

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ