ホーム > ソリューション > スキャン to クラウド

スキャン to クラウド

複合機のスキャンとクラウドサービスの活用によるペーパーレス化を推進します。

定型文書のファイリングや活用に不便を感じたことはありませんか?

ファイリング作業の工数や保管のためのスペースコストがかかっている 過去の書類を探し出すのに時間がかかる。原本を紛失するリスクがある 外出時には、原本をコピーして持ち出している

定型文書を効率的に管理できていないことによって、業務の生産性が悪くなっています。

スキャンとクラウドを活用して業務効率をアップします。

スキャンとクラウドを活用して業務効率をアップしたイメージ図

複合機の簡単なスキャン操作とクラウドサービスの利用により、ペーパーレス化を推進します。
スキャンにより電子化され、仕分けされた電子文書は「Working Folder」に保存され、オフィスのPCだけでなく、外出先のモバイルPCやタブレット端末からも閲覧できます。文書を保存するとメールが送信され、外出先でもすぐに内容を確認できます。

特長

富士ゼロックスの複合機の「業務別らくらくスキャン」で簡単に紙の書類のスキャン&仕分けができます。

「業務別らくらくスキャン」さまざまな要望に合わせて自動的に処理できるように設定したイメージ図

紙の書類の「スキャン&仕分け業務」を、さまざまな要望に合わせて自動的に処理できます。
管理者が、フローを設定したメニューを登録し、ユーザーは、メニューを選択してスキャンするだけです。
文書の保存から仕分け・共有まで自動で処理されるため、さまざまなシーンで活用できます。
DocuWorksの文書属性を追加することで、検索がより簡単になります。

富士ゼロックスのクラウドサービス「Working Folder」によりすばやく安全に文書を共有できます。

「Working Folder」によりすばやく安全に文書を共有したイメージ図

「Working Folder」に保存した文書は、オフィスのPCだけでなく、外出先のモバイルPCやタブレット端末からも閲覧できます。文書の保存時にはメールで通知され、すばやい情報展開が可能です。
また、文書ごとに割り当てられる公開用のURLを利用すれば、社外と文書を共有することができます。メールで送れない大容量データの受け渡しにも活用できます。
文書は、最大5バージョンまで保存されており、誤ってデータを上書きした場合でも、前のバージョンを使用することが可能です。

「業務別らくらくスキャン」と「Working Folder」を連携して活用します。

「業務別らくらくスキャン」「Working Folder」を連携したイメージ図

「業務別らくらくスキャン」と富士ゼロックスのクラウドサービス「Working Folder」を連携すると、複合機から文書をスキャンするだけで、いつでもどこでも閲覧・操作が可能です。

関連情報(商品情報)

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ