ホーム > ソリューション > 受信ファクス to クラウド

受信ファクス to クラウド

複合機とクラウドサービスにより、受信ファクスのペーパーレス化と外出先での活用を推進します。

外出先で自分あてのファクスを確認したいことはありませんか?

外出することが多く、その間に届いたファクスの対応が滞って困っている ファクスで送られてくる文書の確認のため、会社に戻らなければならない ファクスで届いた見積依頼や注文書の対応が遅れ、失注やクレームになったことがある

ファクス対応が遅れると、業務に支障をきたし、お客様の満足度低下が懸念されます。

受信ファクスをクラウドに保存し、業務効率をアップします。

受信ファクスをペーパーレス化し、自動的にクラウド上に保存。いつでもどこでも閲覧できるようになったイメージ図

複合機の機能とクラウドサービスの利用により、受信ファクスをペーパーレス化し、外出先で活用することが可能になります。複合機で「ペーパーレスファクス」機能を利用すると、受信したファクス文書を電子化して保存できます。さらに、富士ゼロックスのクラウドサービス「Working Folder」で、受信ファクスを自動的にクラウド上にアップロードすると、PCやタブレットなどからいつでもどこでも閲覧できるようになります。
「DocuWorks Mobile」を利用すれば、タブレット端末などで受信ファクスを編集することもできます。

特長

富士ゼロックスのクラウドサービス「Working Folder」によりすばやく安全に文書を共有できます。

「Working Folder」によりすばやく安全に文書を共有するイメージ図

「Working Folder」に保存した文書は、オフィスのPCだけでなく、外出先のモバイルPCやタブレット端末からも閲覧できます。文書の保存時にはメールで通知され、すばやい情報展開が可能です。
また、文書ごとに割り当てられる公開用のURLを利用すれば、社外と文書を共有することができます。メールで送れない大容量データの受け渡しにも活用できます。
文書は、最大5バージョンまで保存されており、誤ってデータを上書きした場合でも、前のバージョンを使用することが可能です。

「DocuWorks Mobile」だけで、さまざまな作業が可能です。

「DocuWorks Mobile」の画面イメージ

一つのアプリでiPadなどのタブレット端末への文書の取り込み、編集・活用、展開・格納を統合的に行えます。
モバイルワーカーのドキュメントポータルとして、個人から全社的なコミュニケーション強化まで幅広く支援します。iOS、AndroidOSに対応しています。

「Working Folder」と「DocuWorks Mobile」を連携して活用します。

「Working Folder」と「DocuWorks Mobile」を連携し活用するイメージ図

「Working Folder」と「DocuWorks Mobile」の間でコンテンツの同期ができます。Working Folderの「あんしんドロワー」に対応し、文書をモバイル端末に保存しなくても閲覧・プレゼンが可能です。

関連情報(商品情報)

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ