ホーム > ソリューション > 技術伝承ソリューション

技術伝承ソリューション

グローバル最適モノづくりに伴う、技術伝承の重要性

グローバル最適生産の動きが継続していく中、円高是正や海外での人件費高騰、品質・納期などの要因を受け国内回帰の傾向も見られており、国内・海外両方に技術を伝承する事が重要となっております。

効率的なナレッジの蓄積をし、利活用することで技術伝承を実現

一橋大学の野中郁次郎氏と竹内弘高氏らが提示した広義のナレッジ・マネジメントのコアとなるフレームワークであるSECIモデルに基づき、企業内の技術情報をナレッジとして蓄積し、国内・外への技術伝承をご支援します。

紙帳票による保全可視化ソリューションの対象業務

企業内の技術情報をナレッジとして蓄積し、国内・外への技術伝承をご支援します

こんなお悩みありませんか?

技術の伝承において、次のようなお悩みはありませんか?

技術・設計ナレッジの見える化:ノウハウがわからない-企業活動の中で必要となるベテランやエキスパートのノウハウが何かがわからない 情報が体系化されていない-文書類は存在するが「共有できる状態」になっていない 書類や情報が体系立てて管理されておらず、検索できない 情報が活用されない-新しい仕組みを導入しても、導入時の利用シーンが考慮されておらず、導入後利活用されない エンタープライズサーチ:分散していて探せない-関連する情報が各部門ごとのサーバーで管理されており、会社として必要な情報として活用されていない

資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

関連情報(商品情報)

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ