ホーム > ソリューション > PowerBOM-ArcSuite連携ソリューション

設計情報管理ソリューション(BOM・成果物連携)

いま製造業で求められているプロセス変革

グローバル市場における競争の激化に対応するため、製造業では開発・生産プロセスの変革が求められています。量産型企業ではモジュラーデザインを用いたプロダクトライン開発などの開発手法の進化、個別受注型企業では製品標準化による超短納期開発が求められています。しかし開発・生産現場においては、いまだ情報伝達効率が悪い成果物(図面、部品表など)の形式が利用されており、変革の妨げになっています。

自社の経験をベースとした業務運用、設計情報管理システムで変革を支援

「抜けもれの無い成果物管理運用」「組織を横断した情報伝達を効率化するBOM主導型開発」「流用性向上を実現する成果物運用(図面、3Dデータなど)」とそれらを支えるシステム基盤を提供します。

設計情報管理ソリューション(BOM・成果物連携)の対象範囲

設計情報管理ソリューション(BOM・成果物連携)の対象範囲 構成管理:PowerBOM ST ←部品番号-成果物連携→ 成果物管理/出図管理:ArcSuite Engineering → 電子配信:3D Viewer・クラウド 出図・配信 解決策1 PowerBOM ST:構成管理のシステム化(BOM)による生産性向上 解決策2 ArcSuite Engineering:紙/2次元/3次元データ/設計関連文書などを成果物として統合管理/全社活用(共有/出図/配信) 解決策3 部品番号-成果物連携:構成情報成果物の紐付けによる生産性向上:

CADデータ管理も含めてご検討の方はこちら

こんなお悩みありませんか?

設計情報管理において、次のようなお悩みはありませんか?

お困りごと1:紙(Excel®)が正の運用 設計情報管理プロセスが不明確 必要な設計情報を探すのに、多大な工数が必要 設計情報が個別管理されており、最新情報の共有ができない お困りごと2:部門ごとでのデータ修正 属人的な管理方法なので、他人がメンテできない 構成情報の検索(正展開・逆展開)に多大な工数が必要 データ流用ができず、情報作成に時間がかかる 類似部品を多数設計してしまう。個別管理となり標準化が進まない お困りごと3:設計情報が散在 変更(設計変更、工程変更など)の反映が煩雑 部門毎に最適化されたシート(Excelで作成)で管理されており、上位部門の変更を手作業で反映するのが大変 最新情報の把握が困難

資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

設計情報管理ソリューション(BOM・成果物連携)の導入効果

導入効果(1) 抜けもれの無い成果物管理運用を実現。

業務フローに出図⇒マスター登録⇒配布・配信プロセスを組み込むことにより、確実な成果物管理が可能となります。(マスター登録、マスター配信運用)

Before:開発設計部門から製造、関連部門への直接情報展開 After:開発設計部門からマスターへの出図、マスターから製造、関連部門への配信

導入効果(2) 組織を横断した情報伝達を効率化するBOM主導型開発の実現

構成情報の編集、転記作業が効率化し、設計部門から関連部門への情報伝達が速まります。

Before:開発設計部門内で組立図作成後、組立図から部品表を作成し製造関連部門へ After:BOM主導型開発→情報伝達速度向上 開発設計部門で部品表を作成後組立図へ反映、製造、関連部門への生産システムへの登録を同時に行う事が可能

導入効果(3) 流用性向上を実現する成果物運用(図面、3Dデータなど)

図面や3Dデータの流用性が向上し、作業工数が削減できます。

Before:組立図の中に、部品リスト・形状図・仕様が含まれる After:組立図から、仕様・形状図・部品リストに分けることが可能

資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務運用イメージ(BOM主導開発パターン)

BOM主導開発パターンによる業務運用イメージを示す図 ①採番:採番管理、品目管理/BOM(PowerBOM) ②3Dモデル作成/CAD/PDM ③構成編集:構成管理/BOM(PowerBOM) ④図面入庫(承認前) ⑤図面存在チェック(部番-成果物) ⑥ECO登録(承認前):技術文書/成果物管理(ArcSuite) ⑦構成承認:承認WorkFlow/BOM(PowerBOM) ⑧図面ECOシート_押印&移動(承認前→正式)/成果物管理(ArcSuite) ⑨出図リスト作成 ⑩リスト取込&出図/出図管理(ArcEPS) ⑪データ取込 ⑫ 出図・配信/出図(紙):プロッター・複合機・社内配信(電子):共有サーバー・社外配信(電子):WorkingFolder

CADデータ管理も含めてご検討の方はこちら

ソリューションの特徴

長期間にわたる安定的な運用を実現するシステム構成

単機能システム連携により、環境変化へ柔軟に追随できます。また課題の優先度に応じた分散投資が可能です。

BOM:・構成データ 成果物管理システム:・TIFF図面 ・図面属性 ・3D標準形式データ 出図・配信システム:・2Dデータ ・3Dデータ

紙/2次元/3次元データ/設計関連文書などの統合管理

設計情報の統合管理と出図・配信システムにより、サプライチェーン全体で設計情報を管理・共有できます。

PDM/PCデスクトップ/スキャナー(複合機)→ArcSuiteEngineering(文書管理):・技術文書管理・版管理(3D対応)・多彩な検索機能(ハイライト表示など)・アクセス権の設定によるセキュリティ → ArcEPS(出図・配信):・複合機への一括出力 ・電子配信 ・クラウド配信 → 共有環境:共有サーバー/クラウド

効率的なBOM入力・編集機能

構成管理の主要な機能(品目情報管理、構成管理、正・逆展開表示、設計変更管理、構成比較など)を提供します。編集などはEXCELと連携し、孤立的な入力作業を実現します。

Excel出力・Excel取込により品目情報管理、構成管理、正・逆展開表示、設計変更管理、構成比較などの機能の編集・入力が実現

 

資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

関連情報

資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせ