ホーム > ソリューション > 高精度データエントリーサービス

高精度データエントリーサービス

大量の手書き帳票のシステム入力を効率化、業務品質も向上

富士ゼロックス独自のAI技術をもとに、高精度で文字認識、結果を「確信度」と共に表示することで、担当者の作業負荷を軽減、効率的かつ高品質な業務遂行を支援します。

 

こんなお悩みありませんか?

システム入力に要する人件費

申込書・請求書に記載された情報のインプットに膨大な工数が発生。

銀行口座開設のための申込み:申込書・口座開設連絡 保険会社への給付金を請求:請求書・保険金受け取り システム入力→基幹SYS

業務処理スピード

手書き帳票からの全件入力~全件照合~修正を人手に頼らざるを得ず、長いリードタイムにより顧客満足度が低下。

エンドユーザー「遅い…」:申込書・完了通知 全て原本とOCR結果を確認

これまでのOCRソフトの限界

手書き文字を対象とした従来のOCRソフトは作業補助にはなるが、最終的には人の人手による「全件」の照合が必要となる。

紙文書 → スキャン → OCR処理 → 精度が低く全数検査が必要コスト低減できず →

高精度データエントリーサービスなら人とAI文字認識を相補的に協働させることで、高い精度と少ない工数を両立します。

解決策のご紹介

人とAI文字認識を相補的に協働させることで、高い精度と少ない工数を両立します。

これまで:紙文書→スキャン→OCR処理→精度が低く全数検査が必要コストは高止まり 解決方法:紙文書→スキャン→判別自動振り分け→OCR処理結果または、精度が低い内容だけを確認・訂正→精度99.96%で人手の☒を省略→確実なコスト削減 特徴:・視覚の仕組みを導入した文字判別手法と独自の深層学習により、高い精度を実現/OCR認識結果と合わせて「確信度」を算出することにより、人の関与度を合理的に抑制→今までの一般的なOCRソフトでは実現できなかった確実なコスト削減

資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

 

サービスの特長

富士ゼロックスのAI-OCR技術

弊社はAIと人間が協働し、高精度のデータエントリを効率的に行う技術を開発しました。
「視覚の仕組みを導入した独自の深層学習」と「OCR結果への確信度付与」により工数を削減します。

紙の帳票 → AI:ヒューマンエラーを防止⇔オペレーター(人):はみ出し/取消/書き直しなどの特殊ケースに対応 → デジタル情報 OCR結果に「確信度」を付与し、人間のかかわり方を制御することで工数を削減する。 エントリー方法がダブルエントリの場合 確信度:1(ダブルエントリ精度)・目検を省略 ・工数削減:100% 確信度:2(シングルエントリ精度)・OCR結果を一人が目視点検 ・工数削減:50% 確信度:3(シングルエントリ精度未満) ・OCR結果を捨てて二人でエントリ ・工数削減:無し

高精度データエントリーサービスのご紹介

高精度データエントリー技術を活用し、お客様業務を効率化するサービスです。

検証フェーズ:お客様からサンプル帳票をお借りし、業務改善効果を検証するサービス 本番運用フェーズ:システムをお客様環境に設置し、日常のお客様業務を効率化するサービス

お客様の要件によって費用は変動します。
詳細についてはこちらよりお問い合わせください。

お問い合わせ

資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせ