ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

デザイン・制作環境の最適化

課題

「画面の色とプリンターの色が合わない」、「カンプと印刷物の色が合わない」、「オンデマンド印刷の色が思ったような仕上がりにならない」など

  • 色の不一致によるコミュニケーションミスが発生している。
  • 統一した色基準による管理がされていないため、カンプ段階や色校段階で修正作業に無駄な時間を費やしている。
  • 色の修正作業に時間がかかるため、本来のデザインワークの生産性に影響を及ぼしている。

解決の方法

CMYKで出力される印刷物と、RGBで表示されるPCのモニターやデジタルカメラとの間で発生する「色環境」について、現在の環境を調査・分析するカラーマネジメント課題改善プログラムでお客様の 作業環境 とデバイス診断(調査・分析)をいたします。

「作業環境診断」「出力環境診断」により、作業環境における色に関する課題・原因を見える化しご報告します。

結果に基づき、最適な作業環境づくりのご提案をいたします。

効果

  • 現状の課題を明確にすることで、具体的な改善策への展開が可能。
  • 一貫した印刷色基準の設定により、作業ロスが低減し業務の生産性が向上。
  • カンプと色校正の色の不一致を解消することにより、クライントとのコミュニケーションミスが軽減されると同時に、納期短縮にも貢献。

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

このページのトップへ