ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

RGBワークフローカラーマネジメントサービス

課題

デザイン制作の現場でさまざまな種類の機器(ディスプレイ、プロジェクター、プリンター)で色味が合わないために、無駄な修正作業やデザイン制作の手戻りによる時間と手間のロスが発生しています。
また、デザイン展示の現場ではディスプレイ、プロジェクターなどの色味が合わないために、本来の意図したデザインが表現できず、制作者の思い通りのメッセージを伝達できない問題が発生しています。

解決の方法

「RGBワークフローカラーマネジメントサービス」は、従来のカラーマネジメントシステム(CMS)では色調整が難しかった機器でも、色の不整合の問題を解決します。

RGBワークフローカラーマネジメントサービスの流れ

特徴

  • 色調整機能を持たないディスプレイでもカラーマネジメントシステム(CMS)を導入可能
  • OSやアプリケーションソフトに関係なく、カラーマネジメントが可能
  • 同一機種のディスプレイの色のばらつきを補正
  • 異なる機種のディスプレイ間で、一貫した色再現性を実現
  • プロジェクターでも一貫した色再現性を実現
  • プリンターでも一貫した色再現性を実現

効果

機器による色の不整合の問題を解決することで、以下のメリットがあります。

  • デザイン制作環境の改善 → デザイン制作業務の効率化とデザインの品質向上
  • 映像・画像の展示品質の改善 → マーケティング力の強化

カラーマネジメントを行うと、ディスプレイやプロジェクターやプリンターの画像再現性が改善し、本来の画像データのイメージ通りに表示できます。

色味ずれ

黒つぶれ

白とび

注記:
本サービスは問題のある画像データ(色味ずれ、黒つぶれ、白とびなど)を修正するものではありません。画像デー タ自体に問題がある場合は、そのまま表示されます。

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

このページのトップへ