ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

EC・通信販売業 One to One コミュニケーション

EC・通信販売業 One to One コミュニケーション

課題

化粧品や健康食品、アパレルなど、様々な分野に広がる通信販売。異業種からの新規参入、メーカー直営ECサイトやモバイルコマースの台頭など競争が激化する中、安定した業績を確保し、成長を続けていかなければなりません。
従来の「マス媒体からコールセンターへ誘導」し、「販売やフォローを行う」取り組みでは、消費者のライフスタイルや価値観の変化への対応が難しくなっているのが現状です。

顧客関係性強化による顧客との長期にわたるお取引、すなわち 「ライフタイムバリューを向上させる顧客中心主義」実現のためには、環境変化に合わせたマーケティング施策の再構築が求められています。

  • テーマ①「継続購入促進」継続購入いただくための顧客とのコミュニケーション強化
  • テーマ②「定期申込促進」定期購入いただくための顧客とのコミュニケーション強化
  • テーマ③「顧客ロイヤルティ維持」継続した顧客満足の維持

解決の方法

「ライフタイムバリューを向上させる顧客中心主義」を実現するためには、データ分析に基づき「顧客の理解」を前提とした「顧客一人ひとりにあわせたコミュニケーション」、「最適なタイミングとメディアによるコミュニケーション」が必要です。プリントオンデマンドとバリアブル技術を組み合わせれば、「お客様の共感」を呼び訴求効果を高めることが可能です。

富士ゼロックスは、これらEC・通信販売業者様の課題解決につながるハードウェア、ソフトウェアのご提供のみならず、出力アウトソーシングサービス、マーケティング支援サービスなど、これまで培ったノウハウとサポート力で最適なソリューションをご提供いたします。

効果

顧客属性情報に基づきパーソナライズされた情報を紙面に差し込む事で、「継続購入促進」「定期申込促進」「顧客ロイヤルティ維持」施策として効果を発揮します。
これによりライフタイムバリューを向上し、顧客とのよりよいコミュニケーションを実現します。

システム構成

プロダクションカラープリンター

バリアブル帳票設計 データ生成

プリンティング統合管理ソフトウェア

マーケティングサポートサービス

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

このページのトップへ