ホーム > ソリューション > テーマ別ソリューション > BCP対策(事業継続計画)

BCP対策

BCP対策

概要

こんなことでお悩みではありませんか

BCP対策に関するお悩み

  • ・BCP対策全般
  • ・バックアップ・復旧
  • ・重要文書の保管・管理
  • ・複写機の移動・転倒/節電
  • システム障害に対するデータの保護・災害対策が十分に出来ていない
  • 災害対策はしているが有事の際に対応できるレベルなのか不安がある
  • BCP実現のためのリスクマネジメントの仕組みやルールを構築したい
  • 災害に備えたバックアップ対策の必要性は感じているが手をつけにくい
  • 災害発生時のデータ復旧をできるだけ簡単・容易に行いたい
  • ディスク容量増大やネットワークのパフォーマンス悪化が気になる
  • 「重要文書の保管・管理」もBCPの一環として取り組みたい
  • 紙で存在する重要文書を電子化して原本を保護したい
  • 重要文書を必要なときに必要な人がすぐに取り出せる環境を構築しておきたい
  • 地震による強い揺れがあった場合に複写機が移動や転倒する恐れがある
  • 消防計画として家具・什器に転倒防止対策をしておきたい
  • 電力使用量規制への対策をしたい

こんな解決策があります

BCP対策全般

サーバーやストレージで一括管理。ルール化のためにBCP対策

システム障害に対するデータの保護、災害対策は、大事なデータを所有する企業にとって事業存続のためには、欠かせません。対策として、次の方法があります。

サーバーやストレージで仮想環境をつくる 複数のサーバーやストレージを、仮想環境を利用して統合・一元管理し、その仮想環境を丸ごとWAN越しの拠点やデータセンターへバックアップできるシステム・環境をつくります。
災害発生時のバックアップデータ使用 システム障害や災害発生時に備えてバックアップを社外に用意しておくことで、被災地からでも遠隔地の対象となるデータバックアップ領域にアクセスすれば、データ編集が可能に。通常通りの事業を継続することができます。
BCPのリスクマネジメントのルール構築 リスクマネジメントの仕組みやルールを構築し、運用することで、リスク軽減・リスク分散ができ、徹底したBCP対策ができます。支援サービスを導入することで、容易に行えます。

この課題に関するソリューション一覧

 

バックアップ・復旧

迅速かつ簡単に復旧できるバックアップ策が重要に

BCP対策の中でも、バックアップの必要性は感じてはいるものの、手をつけにくいという課題があります。バックアップは次の方法で、迅速に行うことができます。

支社/他拠点へのバックアップ 平時に、本社のデータを支社/他拠点にバックアップしておきます。これにより、いつ災害やシステム障害が起きても、事業が滞りなく継続できる安心感があります。
複数のサーバーやストレージによる仮想環境づくり 複数のサーバーやストレージを、仮想環境を利用して統合・一元管理する方法もあります。
その仮想環境を丸ごとWANを介した他拠点や支社、データセンターへバックアップできるシステム・環境を作ります。
データストレージシステムと仮想環境の連携 バックアップ時には、データストレージシステムと仮想環境の連携で、システムを止めることなくタイムリーなバックアップが行えます。ネットワークのパフォーマンスに影響を与えることなく高速データ転送が可能です。

この課題に関するソリューション一覧

 

重要文書の保管・管理

効率的な電子化で重要文書の保管・管理を強化

重要文書の保管・管理は、BCP対策の中でも重要です。紙文書は電子化することで、保管・管理を強化することができます。

重要文書の電子化・一元管理 紙の重要文書も電子化し、原本は別の場所に保護しておき、紙文書と電子文書の一元管理を行う方法があります。この方法は、平時からできる事業継続対策・文書保護対策として重要です。
ストレージ機能でデータセンターへ暗号化保管 文書ストレージ機能を利用して、重要文書を複数のデータセンターに暗号化してから保管しておくことで、災害などの有事の際の文書喪失リスクを軽減することができます。
重要文書をどこからでも検索・活用できる環境づくり 必要な情報をいつでもどこからでも検索・活用できる環境を構築します。複合機で紙文書をスキャンし、情報を集約することで、必要な情報をいつでも検索活用できるようにします。

この課題に関するソリューション一覧

 

複写機の移動・転倒/節電

地震対策として対策キットの設置で複写機の移動・転倒に備える

地震による強い揺れがあった場合、複写機などの機器が移動や転倒する恐れがあります。

対策として、地震対策キットを設置することが一つの方法です。落下、転倒、移動を防止する強制的な固定手段を用います。
例えば、アンカーボルトタイプの地震対策キットとして、金具固定型(床固定)・鎖固定型(床固定)が、ゲルタイプの地震対策キットとして、耐震マット型(ゲルタイプ)があります。

電力使用量規制の対応に向け、サーバーを外部委託業者のデータセンターに預けることで、事業所における節電を実現できます。
データセンターのスペース提供、ラック、電力、空調と監視/運用を含むサービスなら、業務効率が上がり、安心感を持って任せられます。

この課題に関するソリューション一覧

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ