ホーム > ソリューション > テーマ別ソリューション > 経費削減

経費削減

経費削減

概要

こんなことでお悩みではありませんか

経費削減に関するお悩み

  • ・複合機の出力コスト
  • ・保管コスト・情報共有コスト
  • ・IT機器の運用コスト
  • ・業務運用のコスト
  • 請求書等の帳票類の二重印刷(送付分・控え分)で印刷コストがかさむ
  • 業務に直接関係のない文書の出力でコストにムダがある
  • 各拠点用の大量の帳票の印刷・配送コストがかかっている
  • 紙帳票の保管スペース確保にコストがかかる
  • 電子原本化により保管コスト・情報共有コストの削減を図りたい
  • 紙文書の電子化をスモールスタートではじめたい
  • PCやサーバー・プリンター等の機器が増加し運用コストも増えている
  • IT機器の消費電力を削減したい
  • 年々増え続けているIT運用コストが気になっている
  • 生産管理フローが不明瞭でキャッシュフローの悪化を招いている
  • 業務プロセスの重複や管理上のムダなどが発生している
  • 総合的な観点でTCO削減を行っていきたい

こんな解決策があります

複合機の出力コスト

帳票類の電子化により複合機のトータル出力コストを大幅削減

複合機の経費には、文書の印刷・配送コストなどがあります。また、業務に直接関係のない文書の出力でコストにムダが出ているケースもあります。

控え帳票の電子化で出力・管理コスト削減 大量の帳票類の印刷コストの課題については、控え帳票の電子化が有効です。これにより、印刷や保管にかかるコストを大幅に削減することができます。電子化により配送コストも削減でいます。
帳票の検索スピードアップで業務効率の面からコスト減 帳票の電子化により、控え帳票の検索スピードが向上できることで、業務効率アップにつながり、トータルでの出力コスト削減が見込めます。電子化は印刷・配送・工数と、あらゆる面で経費削減につながります。
出力制限・パスワード認証で無駄・ミス防止 さらに、出力時にムダが多い場合は、出力制限をかけたり、強制両面・強制白黒印刷を設定したり、複合機の操作パネルからパスワードを入力する方式にすることで、誤ったプリントの防止策になります。

この課題に関するソリューション一覧

 

保管コスト・情報共有コスト

電子化により保管・情報共有コストの大幅削減が実現

紙帳票の保管スペースの確保や、情報共有コストが気になる場合、帳票の電子化を検討するのがポイントです。

紙文書の電子化による保管・スペースコスト削減 紙文書の電子化により、紙文書の保管にかかる業務やスペースなどのコストが削減できます。電子化の際、e文書法に準拠することで、情報共有基盤としても利用可能なシステム構築も可能です。
ペーパーレスファクス化で紙文書の保管・出力コストを低減 紙でのファクス受信から、ペーパーレスファクス受信に変えることも保管コストや出力コストの削減に有効です。さらに業務の効率化&TCO削減を実現することもできます。
ペーパーレスファクス化で情報共有コスト削減 ペーパーレスファクス化により、メール通知でファクスの着信を社員に通知することが可能に。ファクス受信のタイムラグや確認漏れなどの業務効率が上がり、情報共有コスト削減につながります。

この課題に関するソリューション一覧

 

IT機器の運用コスト

見える化して出力環境最適化を図りIT機器の運用コストを削減

IT機器の運用コストを削減するには、まずは出力機器全体の現状調査を行うことが、IT機器にまつわる全体の経費削減を実現するポイントになります。

出力機器全体の現状調査による見える化 PCやサーバー、プリンター等の機器などが増え、IT運用コストがかかっている中、まず取り組みたいのが、出力機器全体の現状調査を行い、機種や配置、出力量、さらにCO2の排出量や消費電力量などを把握することです。
出力環境最適化とPDCAの継続 見える化した結果をもとに課題を把握しそれぞれのオフィスや業務に合わせた「出力環境最適化」を実践することが、IT機器の運用コスト削減につながります。コスト削減実現後も目標達成に向けたPDCAを回すことが重要です。
データセンターのスペースを借りて消費電力削減 IT機器の消費電力削減には、データセンターのスペースを借りる方法があります。また、複数のファイルサーバーやストレージシステム及び、電源・空調などを統合することでもIT機器の運用コスト抑制が可能です。

この課題に関するソリューション一覧

 

業務運用のコスト

生産管理・業務プロセス最適化・TCO削減など業務運用のコストは統一して削減

業務運用コストの問題として、生産管理フローが不明瞭でキャッシュフローの悪化を招いている場合は、まず全体のフローを見直し、見える化することがポイントです。

生産管理を見直して現場とシステムをシームレスに結合 業務運用コストの削減には、生産管理を見直し、現場とシステムがリアルタイムかつシームレスに結びつけられた環境での生産活動に改め、QCD(Quality(品質)・Cost(費用)・Delivery(引渡))の向上を目指すのがポイントです。
現場とシステムと親和性の高い環境を構築 業務プロセスを見直し、原価低減活動、品質ロスの削減活動、標準化、全拠点でのシステムの統一、人材育成などを実施。現場と生産管理システムとの親和性の高い環境を構築します。
TCO削減は3つの観点から進める 総合的な観点で確実にTCO削減を行い、成功させるためには、TCO削減を、「紙の削減」「機器の最適化」「消費電力の削減」の3つの観点から実施することをおすすめします。

この課題に関するソリューション一覧

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ