ホーム > ソリューション > テーマ別ソリューション > ICカード

ICカード

ICカード

概要

こんなことでお悩みではありませんか

ICカードに関するお悩み

  • ・出力時の情報漏洩
  • ・オフィス環境のセキュリティ
  • ・コピー・プリント課金
  • ・クライアントPCのセキュリティ
  • オフィスのドキュメントの情報漏洩を減らしたい
  • プリンターやコピーから出力された紙文書が放置されている
  • 基幹システムからの帳票出力のセキュリティが不安
  • 協力会社・取引先が多く出入りするためセキュリティが心配
  • 正社員・派遣社員の就業管理を徹底したい
  • 入退室・就業管理の運用の手間をできるだけ省きたい
  • コピー機のコインキットは小銭の現金回収・釣銭補給が大変
  • プリペイドカードでの課金は専用カードの発行・チャージが手間
  • 普段使っている電子マネーを使えないだろうか
  • 情報漏洩対策やアカウント管理などに不安がある
  • セキュリティ確保の方法が分からない
  • バージョンアップ・パッチの適用など保守運用のための負荷が大きい

こんな解決策があります

出力時の情報漏洩

紙文書からの情報漏洩リスクはICカード利用のセキュアな出力で対応

複合機などからの出力文書の情報漏洩を防ぐには、放置プリントやファクス誤送信の抑止など、紙文書からの情報漏洩を防ぐセキュアな環境づくりがポイントです。

ICカード利用のユーザー認証とデジタルコードの埋め込み ICカードを活用したユーザー認証による出力機器の制限は、放置プリントの抑止につながります。デジタルコードの埋め込みによる不正コピーの抑止などで出力時の情報漏洩を防止できます。
ジョブログデータ収集 ユーザー認証と連動して機器のジョブログデータを収集・蓄積すれば、利用履歴の把握や文書のトレーサビリティの把握が可能になり、出力状況の管理ができます。
基幹システムからの出力時にもICカード認証を利用 基幹システムからの直接の出力時にもICカード認証により、通常のオフィスでの出力と同等の高い安全性と利便性を確保し、放置プリントや取り間違いを低減します。

この課題に関するソリューション一覧

 

オフィス環境のセキュリティ

出入りの多いオフィス環境のセキュリティはICカードで万全に

協業している他社のメンバーやさまざまな働き方の社員が多数存在している場合に重要になるのがオフィス環境のセキュリティです。万全な対応策を取っておく必要があります。

ICカード認証で行う入退室・就業管理 オフィス環境のセキュリティを強化するポイントは、ICカードを活用することで、入退室管理から就業管理、ドキュメントセキュリティまでをトータルにカバーする環境を構築することです。
統合的に運用できるオフィスセキュリティシステム ニーズに応じたPCセキュリティとドキュメント管理システムを統合的に運用できるシステムの構築や、統合的なオフィスセキュリティをめざす規格「SSFC」に準拠したセキュリティにも配慮すればさらに強化できます。
ICカード発行業務の外部委託 ICカード運用の付帯業務であるカード発行などの運用の手間をできるだけ軽減したい場合、外部に運用を委託することで、入退室・就業管理の運用の手間と工数を削減できます。

この課題に関するソリューション一覧

 

コピー・プリント課金

ICカード活用で小銭回収・チャージの手間を軽減

コピー機に小銭を入れることでコピーが可能になるコインキットは、小銭の現金回収、釣銭補給などの作業の手間がかかります。また、プリペイドカード課金であっても、カードの発行・チャージの業務が発生します。
これらの対応策としては、交通系電子マネー、プライベートマネーで課金する仕組みを導入することが有効です。利用者が普段使っている交通系電子マネー・大学生協電子マネー、その他のICカードなどに対応したものであれば、利用者の利便性も向上させます。

ICカードを使用する仕組みを構築することで、POSと連携させることができ、決済ログ収集が効率化し、売上管理も容易になります。
このように、ICカードは、利用者にとって便利なだけでなく、回収する立場にとっての業務負荷を下げることも可能です。

この課題に関するソリューション一覧

 

クライアントPCのセキュリティ

クライアントPCのセキュリティはシンクライアント環境・ICカードで守る

クライアントPCの情報漏洩対策やアカウント管理などに不安がある場合、早急に対処する必要があります。

一つの解決策として、クライアントPCの仮想化により、シンクライアント環境を構築することがあります。これは、クライアント側でのアプリケーションの仮想化に対応することのできる環境で、アプリケーションをオンデマンドでクライアントPCにストリーミング配信することで、オフラインでもアプリケーションの利用が可能になる仕組みです。
これにより、情報漏洩のリスクは大きく低減し、バージョンアップ、パッチの適用など保守運用のための負荷も大幅に削減します。
さらにICカード認証を利用したプリントシステムを導入すれば、放置プリントを抑止することもできます。

この課題に関するソリューション一覧

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ