ホーム > ソリューション > テーマ別ソリューション > 情報セキュリティ・情報漏洩対策

情報セキュリティ・情報漏洩対策

情報セキュリティ・情報漏洩対策

概要

こんなことでお悩みではありませんか

情報セキュリティ・情報漏洩対策に関するお悩み

  • ・出力文書の情報漏洩
  • ・電子文書の情報漏洩・改ざん
  • ・機器運用上のセキュリティ
  • ・インターネットセキュリティ
  • コピーやプリントからの盗難・情報漏洩が不安
  • 機密情報の情報漏洩が発生した際に流出元を特定したい
  • 紙文書の「情報漏洩」や「改ざん」リスクへの懸念
  • 電子文書のコピー・内容変更の漏洩・改ざんの問題がある
  • 無線LANは本当に安心して利用できるのか不安
  • 社内ネットワーク外からアクセスできる環境がない
  • 入退室管理や就業管理はより高いセキュリティを確保したい
  • デジタル複合機にもセキュリティ対策を行いたい
  • クライアントPCの運用・セキュリティ確保は管理者に多大な負荷がかかる
  • Webアクセスを適切にコントロールしWebセキュリティを強化したい
  • 従業員の不適切なインターネッアクセスを防ぎたい
  • インターネット経由のウイルス・スパイウェアなどの脅威を防ぎたい

こんな解決策があります

出力文書の情報漏洩

出力文書の情報漏洩リスクは統合的セキュリティ環境の構築で回避

プリントアウトした書類は、放置プリントやプリント文書の取り間違いなどに情報漏洩リスクがあります。

ユーザー認証 複合機の管理機能と機器のパスワード・ICカードなどのユーザー認証機能を併用することが一つの対策です。機器利用者を一連の流れの中で特定し、把握できるようになるため、情報漏洩に対する抑止と全社的な情報セキュリティ強化が図れます。
ドキュメントのイメージ保存 万が一流出した際の文書情報を確認するために、複合機やプリンターを通して利用したドキュメントをすべてイメージとして保管することが可能です。
ファクスログの利用 ファクスのログで「いつ」「だれが」「どこに」「何ページ送ったか」を証跡として確認することができます。
統合的情報セキュリティ環境を構築 ドキュメント・ライフサイクルをカバーする統合的情報セキュリティ環境を構築することは、社内文書の情報セキュリティ対策には有効です。

この課題に関するソリューション一覧

 

電子文書の情報漏洩・改ざん

電子文書の情報漏洩・改ざんには徹底した情報セキュリティ施策を

電子文書のコピーや内容変更など、情報漏洩・改ざん対策は、どのオフィスにとっても必要不可欠です。

有効策としては、暗号化・操作制限による機密性の確保、パスワードセキュリティをかける、電子署名による証拠性・完全性を確保する、出力文書の複写抑制・紙文書の管理意識の向上などがあります。配信した文書を、配布後も閲覧禁止や印刷禁止にすることも有効です。

不正アクセスポイントを検知し通信を遮断する、ファイヤーウォール機能を搭載することで、きめ細かいアクセス制御が可能になります。また、暗号化されたセキュア無線LANを活用することで、電子化文書を安全に保つこともできます。
モバイル端末を導入し、外出先から社内ネットワークへアクセスできる環境を作る際には情報セキュリティ面を万全にすることが重要です。

この課題に関するソリューション一覧

 

機器運用上のセキュリティ

機器運用上のセキュリティは統括して強化

入退室管理などの社内セキュリティや、複合機からの情報漏洩リスクも、企業が懸念すべき重要なセキュリティ課題です。

ICカードとドキュメントセキュリティの連携 入退室や就業管理をICカードで行っている場合、ドキュメントセキュリティを連携させることがポイントになります。ネットワーク機器やサーバー、PCや複合機などのハードウェアと、利用者(ユーザー)、利用指示(ジョブ)などを管理するソフトウェアを連携させて、セキュアなドキュメント出力環境を作ります。
複合機ハードディスクのデータ消去 複合機ハードディスクからの情報漏洩対策として、セキュアにデータ消去作業を行うことが重要です。
仮想化環境の構築 クライアントPCの運用におけるセキュリティ確保は、仮想化環境を構築することで、セキュリティ管理者の負荷を軽減することが可能です。

この課題に関するソリューション一覧

 

インターネットセキュリティ

インターネットセキュリティはプロキシサーバーを介して脅威に対抗

社内のインターネットセキュリティを万全にするためには、プロキシサーバーの専用機を導入することがポイントです。インターネット網に対して、ファイヤーウォールを介し、プロキシサーバーを置き、さらにURLフィルターをつけます。これにより外部からの攻撃、Web経由のウイルス、スパイウェアプログラムの侵入を防御できます。

また、セキュリティポリシーに基づき、社内における業務に不要なサイト、危険なサイトなどへのインターネットアクセスを防御することができます。さらに、ウイルスの脅威に対する防衛策として、Webアンチウイルスを導入します。

Webアクセスの統計レポートを行うことで、Webアクセス状況を可視化すれば、より安心です。

この課題に関するソリューション一覧

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ