ホーム > ソリューション > テーマ別ソリューション > リスクマネジメント・コンプライアンス

リスクマネジメント・コンプライアンス

リスクマネジメント・コンプライアンス

概要

こんなことでお悩みではありませんか

リスクマネジメント・コンプライアンスに関するお悩み

  • ・審査・規制対応
  • ・業務フロー・ガバナンス
  • ・コンプライアンス・内部統制
  • ・BCP対策
  • 審査書類を原本のまま審査すると原本紛失リスクが不安
  • 審査業務を暗黙知ベースから職歴の浅い社員にもできるようにしたい
  • 規制対応と業務効率化の両立がむずかしい
  • 申請業務の手入力によるミスを軽減したい
  • 報告のヌケモレがすぐに分からず確認に時間がかかる
  • 外部取引の発注書/注文書等の帳票の管理などの業務フローを徹底したい
  • 貿易ガバナンスおよびコンプライアンスを高めたい
  • 業務の属人化を排除して会社としての対応力を強化したい
  • 内部統制のアドバイス・支援がほしい
  • 災害や事故などに備えBCP対策を実施したい
  • 重要文書を組織的に管理して個人任せの状態から脱却したい
  • 文書保護対策として電子文書と紙文書を一元的に管理したい

こんな解決策があります

審査・規制対応

複数のマネジメントシステムを一元化して審査・規制対応を効率化

審査対応業務を効率化するには、「一元化」がポイントになります。また、審査書類の原本の紛失のリスクや規制対応と業務効率との両立化に対する解決策もあります。

複数のマネジメントシステムや改善活動の一元化 審査対応業務を効率化するには、複数のマネジメントシステムや改善活動を一元化し、企業内に分散したリスクやムダ情報を一つにまとめて管理することが重要です。
審査書類をイメージデータ化して審査 基幹系システムと連携できるフロントエンドシステムにより、審査書類をイメージデータ化。原本紛失リスクを軽減できます。審査業務をワークフロー管理し、次にやるべき業務内容を指示すれば業務効率化が可能です。
文書管理ソフトウェアによる電子文書を原本管理 規制対応と業務効率化を両立するには、文書管理ソフトウェアで電子文書を原本管理することで、文書・記録を作成/保管/管理する際のプロセスを自動化し、業務効率化を実現します。

この課題に関するソリューション一覧

 

業務フロー・ガバナンス

業務フロー課題は電子化で、ガバナンス強化は最適な出力環境づくりで実現。

申請業務の手入力によるミス、報告の抜けもれなどの課題は、申請書・報告書の電子化が解決のためのポイントになります。

申請書・報告書の電子化 申請業務の手入力によるミス、報告の抜けもれなどの課題は、申請書・報告書の電子化が解決します。申請・報告を受ける側の業務を効率化し、迅速な対応環境が構築できるでしょう。
申請・報告する側の一連業務を電子化で行える環境づくり 申請・報告を行う側は、必要なフォームの取得から、申請書・報告書の作成、捺印、文書トレイを使った受付部門への提出まで一連の業務を電子化すれば、業務効率化が上がります。
自社に最適な出力環境・出力ルールづくり 電子化によりフォームが常に最新化され、ガバナンス強化にも役立ちます。自社に最適な出力環境をつくり、出力ルールを策定することにより、企業全体の出力ガバナンスを強化することもできます。

この課題に関するソリューション一覧

 

コンプライアンス・内部統制

企業の情報の見える化を通じてガバナンスを強化

輸出入業務の業務プロセスとドキュメントの見える化により、業務の標準化、効率化とともに、ガバナンスも強化することができます。

内部統制については、外部企業をうまく利用することで、リスク分析資料等の収集・とりまとめアドバイス、経営トップ、内部監査部門の問題意識の確認アドバイス、財務データなど情報収集アドバイス・支援などを受けることもできます。

例えば、基本方針策定支援として、重要勘定科目、拠点、プロセス特定に関するアドバイス、プロジェクトメンバーに対する研修時のファシリテーションなど。実行計画策定支援として、準備作業全般の洗い出し、作業計画策定のアドバイスなどもあります。

この課題に関するソリューション一覧

 

BCP対策

平時から行えるBCP対策は「電子化」がキーになる

地震対策として、複合機などの機器類の落下、転倒、移動を防止する強制的な固定手段を用いることが有効です。

例えば、アンカーボルトタイプの地震対策キットとしては、金具固定型(床固定)・鎖固定型(床固定)があります。ゲルタイプの地震対策キットとしては、耐震マット型(ゲルタイプ)があります。

また、BCP対策は平時から行っておくことが重要です。
事業継続対策・文書保護対策としては、電子文書と紙文書とを一元的に管理し、必要な情報をいつでもどこからでも検索・活用できる環境を構築することが有効です。
複合機で紙文書をスキャンし、情報を集約することで、必要な情報をいつでも検索・活用できる仕組みを構築します。

この課題に関するソリューション一覧

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ