ホーム > ソリューション > ドキュメント共有を支援するクラウドサービス「Working Folder」

クラウドサービスを活用してビジネスはもっともっと自由になる

ドキュメント共有を支援するクラウドサービス「Working Folder」

社内外で、ストレスなくドキュメントの共有ができていますか?「取引先で用意していた資料とは違う資料が必要になり、困ったことがある」「外出先に重要書類を持ち出すリスクを減らしたい」。そんなときは、「Working Folder」が、お客様の業務の効率化を支援します。「Working Folder」は、インターネット上のデータセンターを月額課金制でご利用いただけるサービスなので、自社でサーバーを構築するよりも手軽に導入でき、システム管理者がいなくても安心して運用できます。文書は暗号化されデータセンターに保管されるので、データセンターからの情報漏えいリスクを軽減します。また出張先・外出先など、いつでもどこからでもアクセスでき、英語など4か国語によるインターフェイスの対応も可能ですのでグローバル化が進展するビジネスシーンでもご利用いただけます。さらには複合機やDocuWorks、モバイル端末と連携することで、さまざまな活用が可能です。業務の効率化、スムーズな情報共有の第一歩に、ぜひ「Working Folder」をご活用ください。

導入のメリット

受信したファクスを外出先ですばやく確認

外出することが多く、留守中に届いたファクスの対応が滞って困っている。複合機とWorking Folderを連携させれば、そんなお困りごとを解決できます。受信したファクスをWorking Folderに自動でアップロードし、お使いのスマートフォンやタブレット端末にメール通知。外出先でも出張先でも自宅でも、場所にとらわれないタイムリーな対応が可能になります。

モバイル連携で外出中の営業活動を効率化

外出先でのスピーディーな対応が求められる営業活動。すぐに受注ファクスを確認し、見積書を提出したい。数多くのカタログや提案書をいつでもお見せしたい…そんなニーズにWorking Folderがお応えします。スマートフォンやタブレット端末からでもWorking Folder内の文書にアクセスが可能。リードタイムを短縮してビジネスチャンスを逃しません。

企業間プロジェクトでの情報共有もスムーズかつ安全に

これからのビジネスシーンでますます必要性の高まる複数の企業による共同プロジェクト。その際に課題となるのが情報の共有方法と安全性です。Working Folderなら、適切なアクセス権管理とデータの暗号化により、高度なセキュリティーを確保した上でドキュメントを共有することが可能。安全で効率的なコミュニケーションを実現します。

おもな仕様

動作環境

価格

お客様導入事例

「Working Folder」に関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

他社の商標について

「Working Folder」に関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ